カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

松葉ガニのメスをセコガニといいます。メスしかいないので

松葉ガニのメスをセコガニといいます。

メスしかいないので、松葉ガニより小さめサイズが多いのですが卵が甲羅の中に詰まっており身も濃厚な味とされていて、このかににしかない味を愛する方がたくさんいるのです。

期間限定のかにで、11月から1月までしか水揚げされないので、珍重されるのは当然です。

蟹通販で蟹を取り寄せるなら、茹で蟹と活蟹のどちらを買うのがいいのかと悩んでしまう人もいるでしょう。

どちらがいいかは、蟹をどう食べたいかによるとしか言いようがありません。

私は家族で蟹鍋をよくするのですが、鍋に使うなら、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。

ご家庭で蟹しゃぶをするなら、鍋とは違って、生のまま冷凍したものか、活きたままの蟹がいいでしょう。

こうして、商品ごとの特性や、向いている食べ方を知っておけば、自分のニーズに合った蟹を、通販でお得に買うことができるのです。

通販でズワイガニを買ったことはありますか?訳あり商品を買って損はありません。

ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、多くは市場に出す基準に合わない大きさや、食べても問題がない程度の傷がある品などで、味は市場に出回っているものと同じです。

それでも見切り品として、お安くなっているわけです。

自宅用で食べる分にはズワイガニなら訳あり商品、と考えるのが絶対おすすめです。

あらゆる蟹の産地の中でも、日本一の知名度を誇っているのは、なんといっても北海道です。

色々な種類の蟹が日々水揚げされている北海道。

種類によっては北海道よりも別の地域が有名ですが、それらの要素を踏まえても、全体的にはやっぱり北海道の蟹が一番です。

しかし、そうは言っても、北海道で売っている蟹が実は海外産であるというケースが少なくないので、ちょっとびっくりします。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

とても有名なブランドがにの上海ガニと種は異なりますが、同じ族のかにです。

上海ガニと異なり、背中に細かいまだら模様があり、成長すると甲幅8センチと、小さめのかにです。

重量は全体で170〜180グラムが一般的といわれています。

雄より雌の方が大きいのも特長です。

出汁用や丸ごと食べるために、日本の各地で広く知られています。