カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹は高価なため、なかなか食べられないと思い

蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。

そんな蟹を安く入手するには、どのような方法があるのでしょうか?大抵の方々が「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。

しかし、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

一体どうしたらいいのでしょうか。

それは、購入手段として通販を通して買うことで、カニを最も安く手に入れることができます。

この方法を使うことによって、蟹を安く手に入れることができます。

少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。

待ちに待った蟹のシーズン。

我が家も蟹好きばかりで、何度か蟹通販で蟹を買っているのですが、気をつけなければならないこともあります。

通販ではお店と違い、現物が見えないので、事前に蟹の量を確認しておくのは大事なことです。

量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。

それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。

解凍は急がず、慎重にすることを心がけましょう。

初心者は往々にして、急いで解凍して蟹のうまみを台無しにしてしまうものです。

上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと主役級の存在感で、世界中に知られた高級食材です。

中国だけでなく、アジア各地のいたるところに生息しています。

高級食材の割には、何でも食べるので侵略的外来種扱いを受けています。

そのため、このかにが持ち込まれないよう、生体の輸入などを公に行えない国もあります。

今も昔もグルメの代表格である蟹。

蟹通販には色々な商品がありますが、中でも丸ごと買いが最もお得です。

脚だけのポーションの詰め合わせや、いわゆる訳あり蟹がお得に買えるという話はよく聞きますが、丸ごと買いも捨てたものではなく、サイズや品種によってはお得な値段で購入できる商品は少なくありません。

お勧めするのには理由があります。

だって、蟹の美味しい食べ方といえば、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。

それなら風味を損ねることもありませんから、身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。

意外と知られていないことですが、蟹は季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。

解禁日というものが地域ごとや種類ごとに決まっています。

無秩序な乱獲を防ぐためにも、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとすることが定められています。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、解禁日の情報に目を光らせておくことこそが肝要と言えるでしょう。