カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ズガニというのはモクズガニの別名です。

ズガニというのはモクズガニの別名です。

モクズガニという名称ならば思い当たる人も多いかもしれません。

モクズガニ漁は河川で行われ、毛の生えた鋏がトレードマークです。

甲羅が掌より少し小さいサイズなのですが、実は長めの脚をしています。

殆どがお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。

日帰りで、かにの食べ放題を体験するツアーはどんなツアーか、ご存じですか。

今までこのようなツアーに参加していない方は、いつかきっと、有名なかにの産地に行けるかに食べ放題ツアーへの参加を考えてはいかかでしょうか。

実は、こうしたツアーでは、産地おすすめのおいしいかにを個人向けのパック旅行よりお得な価格で食べられることがほとんどなのです。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

タラバガニを食べ比べすると、おおむねどこでとれてもまあ同じ味と認識されています。

ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるというのが常識になっています。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、ブランドの違いは味の違いで、日本国内でも顕著に味が違うなら、当然、外国産は相当味が違うのでしょう。

様々な中華料理のうちでも上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、元々上海蟹というのは、淡水蟹のうち、中国でも特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、通年売られていますので、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスの場合は多くの卵を含んでいる10月あたりと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、貴重な逸品として名高い、大変美味しい品です。

美味い蟹を食したい、そんな時どうしたらいいかというと、店先で入手したり、通販で取り寄せたりするのが普通だと思いますが、これらの方法以外にも、意外かもしれませんが、温泉へ行くという手段です。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。

蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地ではいいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。

しかし注意点が一つあり、いつでも楽しめるのは温泉の方だけで、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないのできちんといい時期を狙って行きましょう。