カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れる。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

ネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかないくらい、レビューや口コミというのはネット上にたくさんありますよね。

ECサイト楽天市場やアマゾンなど)のユーザーレビュー欄に寄せられているような大量のレビュー以外にも、検索すれば実に多くのサイトで蟹通販の口コミが掲載されています。

全てを読むことは現実的ではありません。

蟹通販を利用したい皆様は、どこを見て参考にするのが正解なのでしょうか。

レビューや口コミの情報は主観が多く、あてにならない部分もあります。

それよりも、業者の実績によって選ぶほうが賢い選択といえます。

それなら「口コミで騙された!」と感じることもないでしょう。

ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。

場所によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、一般によく食べられているのは、脚の身をゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋などにして頂く食べ方です。

それとは対照的に、雄より小さいセコガニは脚の身も当然少ないのですが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、一般的には、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

一番目のポイントは、うっすら塩ゆでです。

かににも海水の塩分がついていますので、塩味がついたな、という程度のゆで汁で結構です。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら見た目より味で、甲羅と脚は別々にし、鍋に全て収めてください。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと鍋の後始末も楽です。

今も昔もグルメの代表格である蟹。

蟹通販をお得に利用しようと思えば、丸ごと購入するのが一番いいでしょう。

蟹通販といえば、蟹脚の詰め合わせや店頭に並べられない訳あり蟹などがお得に買えるという話はよく聞きますが、これもピンキリと言え、丸ごと買いでもモノによっては十分安く買えることが多いです。

何といっても、蟹の旨みを味わうためには丸ごとのまま茹でるのが最良なのです。

この調理法なら、蟹の旨みを身に閉じ込めることができて旬の蟹の風味と味わいをたっぷり楽しめるのです。