カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

活蟹をさばくのにはコツがいります。以下の点に気を

活蟹をさばくのにはコツがいります。

以下の点に気をつけてください。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。

お買い得品の代名詞となることの多い「訳あり品」は、賢い主婦に大人気のものが数多くネットなどで出品されています。

中でもかに通販の訳あり品とは、いちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、購入者にとっては大問題ですよね。

判断はお店次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、ただ、原因と考えられることは、それほど多くはなく、箱に入りきらないほど大きいだとか、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。

店頭に並べた時ちょっと見栄えの悪い甲羅の傷はどんなに小さくても「訳あり品」転落ポイントです。

正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからって気にするようなことは何もないことがよくわかったことと思います。

安心して購入し、たっぷり召し上がって欲しいですね。

皆さん、おいしいかにを買いたいと思ったことはありませんか。

それなら、ブランドがにの中から探してみるというのもありですよ。

ブランドがにの目印として、どこかにタグやシールがついているはずです。

ブランド名は、特定の地域で水揚げされたかにであるという保証だと考えてください。

言うまでもなく、それが味の保証となっているので、この産地や名称に自信を持ち、一つのブランドを打ち立てたのです。

今年も蟹のシーズンがやってきましたね。

何より蟹が大好きな私。

新鮮で美味しい蟹を味わうために、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、この時期欠かせないお約束になっています。

中でも気に入っているお店は、私の知人が包丁を振るっている、函館にある蟹専門店です。

北海道の漁場で獲れたばかりの新鮮な蟹を使った料理が、これでもかとばかりに出てきます。

この冬も勿論その店を訪れますよ!あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?ズワイガニというと、おそらく脚が長くて、全体も大きければよしとして買っているのではないでしょうか。

それだけでは不十分です。

それよりも大事な点もあると知れば、失敗はしません。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

どんなに大きくても、さっぱり身がないという話は他人事ではありません。

重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。