読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹通販を利用する上で気を付けるべきことを説明しま

蟹通販を利用する上で気を付けるべきことを説明します。

それは何かというと、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、加えて、忘れてはならないのが送料です。

送料は入念に確認しておくべきです。

蟹の場合は特に、送料を高めに設定している業者もあるので、送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。

もちろん、送料無料のところを選べるならそれに越したことはありません。

しかし、一般的には送料無料であっても、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

誰でもズワイガニを選ぶとき全体的な大きさと、脚の長さや太さを見て購入していると思います。

大きさもさることながら、もっと重要なポイントを覚えておいてください。

持ったときの重量感を意識してください。

見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという情けない事態になりかねません。

重みがあれば、ある程度中身は詰まっていると考えられます。

先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。

かにに限っては自分で買ってくるのとは違い、相当なメリットのあるお取り寄せに決めています。

一度にたくさん買えること、それが一番のメリットです。

一度でも持ち帰ったことがあれば実感できますね。

何人分でも大丈夫です。

何キロでも好きなだけ買うことができますし、力持ちの業者さんが玄関、もしくは、希望すればしっかりと家の中まで日時まで指定したとおりに持ってきてくれるのです。

重いものを自分で運ばなくていいので助かります。

鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにをレストランに出かけることなく家で美味しく頂けるのも通販ならではのメリットでしょう。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。

全てメスのかになので、大きさは小さいことが多いですが、卵を抱えたかにで味わいも豊かで、松葉ガニよりも、通好みでファンがたくさんいるのです。

市場に出回るのは、ごく短い期間です。

わずかに11月から1月の間と漁の期間は決まっているのでその意味でも非常に貴重なかにです。