カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

店頭販売ではなく蟹通販で蟹を買うことの利点の最たるもの

店頭販売ではなく蟹通販で蟹を買うことの利点の最たるものといえば、北海道や山陰など、各地の美味しい蟹を産地直送で手軽な手段で購入できるという部分ではないでしょうか。

一般店舗の場合、流通ルートを経て店頭に並ぶので、蟹通販で届く直送品と比べると常に新鮮というわけではありません。

つまり、本当に新鮮な蟹を求める方なら、漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが最適の手段なのです。

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、食べきれないほどのかにを買った人は後を絶ちません。

産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、食べきれる量しか買わないのが普通です。

けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、全部食べきるまで大変だったという話をかなりあり得る話なので、食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。

年末、テレビ番組でかにの産地直販を取り上げていて、そこで通販を紹介していました。

みんなで「おいしそう」といったくらい、身の詰まったかにがたくさん入っていたので、年内に送料無料で届くこともあり、購入に踏み切りました。

実は、生鮮食品を通販で買うのは初めてでした。

どんな商品なのか、届くまでは気になっていました。

実際届いたかにはテレビの通り、ぎっしり身が詰まっていました。

食べてみると濃い味で、すばらしいお年賀でした。

今年も同じところから買おうと考えています。

蟹の美味しい季節になりました。

脚の身が絶品という方も多いですが、蟹ミソも美味しく味わいたいものです。

美味しい蟹ミソを味わえる蟹にも色々ありますが、一番はなんといっても毛ガニでしょう。

新鮮であればあるほど、蟹ミソも甘くねっとりしていて、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。

蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのもまた美味しいです。

何杯でもお酒がいけますね!意外と知られていないことですが、蟹は実は好きな時期に漁をすることはできず、省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないという規制がなされています。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、自分の好きな品種について、解禁日を把握しておくことを意識してください。