読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています

現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。

本記事でもそれを推しているのにはお得な根拠があります。

蟹通販と対比されるものといえば実店舗での購入ですが、これはごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、代金についてトクをするのは難しいですよね。

ところが蟹通販では、実店舗とは違って、形さえ気にしなえれば、傷物の蟹が味は落ちないからと割り切って安価で売っている場合があり、確かに蟹の味自体には影響しませんから、考えようによっては大変お得です。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

白湯より、少し塩を入れて茹でた方がいいですよ。

海水より濃くないくらいで、塩気をつけています、という程度のゆで汁で結構です。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったら思い切って、甲羅と脚はお別れさせ熱が全体に回るようにしましょう。

関節などに汚れがついているので、軽く洗っておくと鍋の後始末も楽です。

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあるかもしれない「訳あり商品」ですが、通信販売で、かにの訳ありなんて価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、そのわけによっては買う気にならない可能性も大有りだと思います。

訳ありは、損害になるか、客寄せになるか、読みきれないものなので、そのお店の考え方が表われます。

ほとんどは大きさが揃わず、極端に大きいものや、味は十分美味しくてもちょっと小さいとそれだけではじかれるのです。

天然物なのだから大きさが揃わないのは当然なのに、バランスが取れないという理由ではじかれることもあったりします。

脚や甲羅に傷や藤壺がついていたって美味しさは同じだと思います。

正規品ってこうも厳格に選び抜かれていたんだと感動すると共に、贈り物にするんでもない限り気にして食べないなんて、大損です。

実家や兄弟にも送ってあげようと思います。

残念ながらご進物にはなりませんが。

通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。

かに通販といえば、ちょっと前までは市場で買うより鮮度が劣るというのが当たり前でした。

今の通販で買ったかにを見てください。

流通システムの進歩で、新鮮な品を迅速に届けられるようになり、かに通販で買っても、産地から市場に送られた品と同じように味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。

とはいえ、どの通販も全て期待通りのおいしいかにを買えるとは言えませんから、購入先は信頼の置けるところにしてください。

蟹通販には多くの利点がありますが、中でもその利点として突出しているのは各地の漁場で水揚げされた新鮮な蟹をいつでも購入できるということです。

一般店舗の場合、流通ルートを経て店頭に並ぶので、なかなか「産地直送」とはいかず、店頭に出る頃には鮮度はだいぶ落ちてしまっていたりします。

意外かもしれませんが、新鮮な蟹を買いたいなら、産地直送で自宅にダイレクトに届けてもらうのがベストの選択だということになります。