カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ネットで少し検索すれば、10件

ネットで少し検索すれば、10件や20件ではきかないくらい、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。

楽天市場やアマゾンなど、多くの人が集まるサイトでは簡単に多くの口コミが見られます。

また、それ以外にも、ブログなどでも蟹通販の口コミをまとめたところがあるようです。

全てを読むことは現実的ではありません。

蟹通販を利用したい皆様は、どこを見て参考にするのが正解なのでしょうか。

口コミというのは、主観に基づく内容ばかりで、客観的な情報は少ないです。

それより、業者の取引実績を調べてみましょう。

それを基準に選べば信用できる業者から蟹を買うことができますね。

メスのズワイガニは別名セコガニです。

地方により様々で、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。

雄を美味しく食べる方法は、カニ味噌もいいのですが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

反対に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、多くは、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

便利に利用できる蟹通販。

しかし気になるのは、何よりまず鮮度を確認することです。

また、値段や量もしっかり押さえておきましょう。

加えて、忘れてはならないのが送料です。

お得に通販を利用できるか否かのカギを握るのが送料なのです。

蟹通販は生鮮食品を送ってくる都合上、うっかり見落とすと凄い額の送料を請求されて驚くこともあります。

送料の有無やその額を必ず購入前に見ておくようにしてください。

なるべく送料無料の業者を選ぶべきなのは言うまでもありません。

しかし、一般的には送料無料であっても、北海道や離島など、一部の地域のお客様のみ送料が掛かる場合もあります。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。

一口に蟹と言っても、様々な種類がありますよね。

それぞれに味が違い、個人によって好みも違うので、蟹通販を利用して蟹を購入するときには、蟹の種類や呼び名、その特性を知っておくことが必須かもしれません。

色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。

購入時には、新鮮さと大きさに注目して商品を選ぶことを基本として覚えておきましょう。