読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

実際に蟹通販を利用する場合、茹で蟹と活蟹のどちらを買う

実際に蟹通販を利用する場合、茹で蟹と活蟹のどちらを買うのがいいのかと迷う方もいるかもしれませんが、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。

家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。

また、最近人気になってきた蟹しゃぶの場合は、新鮮な活き蟹、または生のまま鮮度を閉じ込めた冷凍品がおすすめです。

どのタイプがどんな調理法に最適か把握しておけば、商品選びにも困らず、もっと手軽に蟹通販を利用できます。

蟹にも国産と輸入があります。

購入する際に、国産と外国産、どっちの蟹を買うほうがいいのか、迷ってしまう人も多くいると聞きます。

でも実際のところ、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであっても特に違いはないといえます。

国産、輸入のどちらであれ、注意するべきは、業者の信頼性をよく見極めることです。

多くの方が満足しているお店の蟹なら、国産、海外産、どちらでも大丈夫です。

知らない人はいないのではないかと思われる楽天市場ですが、お馴染みのかにの通販も楽天を通して買うのがいいと思います。

安心して注文できるのはありがたいことです。

圧倒的利用者数がそれを裏付けています。

かに通販にはたくさんのサイトがあり、もちろん、きちんとした業者のきちんとしたサイトもたくさんあります。

でもそれより多くの危険なサイトもあり、至るところに罠が隠れていて、騙されて損害を被る可能性が高くなります。

低価格につられたり、キャンペーンに騙されたりするかもしれません。

ただ、楽天市場のお店は、一定の条件を満たしているので、傷んだ品物を買わされたりしないので、写真どおりの買い物が出来るでしょう。

口コミ、レビューで高評価を集めていたりすると、そこの会社がいいことがすぐにわかりますね。

加えて、クレジットカードだけだと支払いに不安が伴い、代引き決済を選ぶ場合も多いですが、それを受けてくれる会社なら、更に良心的で、品物にも信用がおけると思います。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

蟹のふんどしを外します。

これは蟹のお腹にある三角形の部分で、指で押すと柔らかいのがわかります。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておくのが上手な調理の仕方です。

あらゆる蟹の産地の中でも、代表的なのは、なんといっても北海道です。

北海道は漁場も豊富で、様々な種類の蟹が獲れます。

品種によって多少の差はあれど、トータルで言うならダントツで北海道が一番でしょう。

とはいえ、実際のところ、北海道どころか海外産の蟹が道内で売られている場合が少なくないので、ちょっとびっくりします。