読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、おすすめは「焼

皆さん、おすすめのかにの食べ方があると思いますが、おすすめは「焼きがに」ですね。

殻付きのかになら、一番の調理法です。

おいしく焼くには、解凍に気をつけてください。

ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、冷蔵庫内の自然解凍をおすすめします。

半日くらいかけるのが理想です。

半解凍状態で、殻をつけたまま焼いてください。

うま味が殻に残り、水分も含んだ状態で食べられます。

完全に火を通す必要もないので、焼きすぎないようにしてください。

蒸して食べても、点心の具にしても上海ガニと言えば、独特の味があるので、世界中に知られた高級食材です。

上海を中心とした中国近辺のかなり広く分布しています。

高級食材といわれますが、何でも食べるかにで、外来種として持ち込まれると在来種の生態系が狂ってしまいます。

放置すると拡散の可能性が大きいので、生体の輸入などを厳重に制限している国もあるのです。

一番多く売られているのはかにの脚肉ですが、奥の深い味と言えば、かに味噌でしょう。

かに味噌を味わうなら、もちろん毛蟹ですよね。

毛だらけの殻に詰まった味噌の濃厚な味はこれぞかに、という固定ファンを生んでいます。

もっとコンパクトサイズのかに味噌で十分というなら、ぜひ、ワタリガニの味噌を味わってください。

小さめサイズのものが多いですが、十分な濃さの味噌です。

かにの通販は本当にたくさんありますよね。

この種類、この産地のかにと決めてから、ボイル前と後はどちらがよいのかフリーズした方もいらっしゃると耳にします。

今後、通販のかにで条件を選択するときは活かにを選びましょう。

どんな調理をするとしても、その方が新鮮なおいしいかにを手に入れられるでしょう。

蟹を買うならブランド蟹がお勧めです。

色々な種類がありますが、私のお勧めは有名なズワイガニです。

旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。

一度その味わいを知ってしまうと、もう他の蟹では物足りなくなるでしょうね。

ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、それを見分けるのが、脚に付けられたタグという目印です。

このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。

蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認するのをクセにしてください。