カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか。通販のデメリット

蟹通販は便利ですが、欠点はないのでしょうか。

通販のデメリットは、購入時の事前情報が写真や文章しかないことが真っ先に挙げられます。

店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、試食して選ぶこともできます。

また、お店によって塩加減なども千差万別なので、美味しいなと感じたお店を探せばより美味しい蟹を楽しめます。

蟹通販なら簡単に利用できて安いというのはありますが、実店舗では当たり前にできることが出来なかったりもするのです。

蟹の激安通販というものを聞くと、割と多くの人が興味を示すようです。

他の蟹通販業者と比べても大幅に安いので、そこだけ見ればいいことずくめのように見えます。

とはいえ、注意するべき点もあります。

一般的な市場価格と比べて、あまりに安い場合、トラブルの多い業者や、詐欺まがいの業者であることも可能性として考慮しておかなければなりません。

激安通販を利用する場合、そのお店の評判をネットでよく見てから購入を考えるとよいでしょう。

ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したことがあります。

安く大量に買うと、危険なことがあるのです。

通販で買った毛蟹はとてもおいしく、買った品のほとんどを彼女と二人で食べていると、ぞわぞわと妙な感じがしてきたのです。

おかしいと思いながらも食べ続けたところ、身体の震えが止まらなくなってしまいました。

おいしいかにには思わぬワナがあります。

たくさん食べると、冷えて体調を崩すことがあります。

冷えを感じたら食べるのを止めましょう。

テレビの通販チャンネルで蟹通販の宣伝を見かけ、蟹を買ってみようと思った方もいらっしゃるかと思います。

とはいえ、テレビよりもある意味アテになるのがネット。

ネット上ではどのくらいの価格で蟹を売っているのか、調べてからでも遅くはないですよね。

テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらにお得に蟹を買えることが多いから。

この一点に尽きるといえます。

ただ、ネット独特の詐欺や商品トラブルなどを避けたい方は、ネットよりもテレビの通販番組で蟹を購入したほうがお勧めだとも言えます。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるというのが捌き方の基本手順です。