読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに数えられるのが、北海道の名産、花咲蟹です。

ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、分布が狭く、北海道の東部でしか水揚げできないのですが、味わいは上質で、煮たり鉄砲汁の具にするなどの食べ方が好まれます。

ハサミが最も美味しいと言われる花咲蟹ですが、脚の肉には他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。

ズワイガニなどよりも一足早く、夏頃から秋にかけて旬を迎えるといわれ、7〜9月頃の限られた漁期にしか水揚げされない貴重な蟹です。

最近何人もの人が、かに通販を利用して買って食べるのが普通と思うようになりました。

少し前には考えられなかったことですが、パソコンだけでなく、スマートフォンから気軽に注文して全国の水産業者から直に購入できるためです。

産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、もう、かにが食べたくなったら、スーパーやデパートに行く気はなく、かに通販で決まり、と思っています。

ネット全盛の時代とはいえ、テレビでも通販番組をやっているので、それで一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。

とはいえ、テレビよりもある意味アテになるのがネット。

ネット上ではさらにお得に蟹が買えるところがないかどうか、一度調べてみたほうがいいでしょう。

テレビの通販がいくらお得だといっても、WEB通販の方がさらにユーザーに優しい価格設定になっていることがほとんどだからです。

一方、安心を重視し、無用なリスクを避けたいという方は、業者のネームバリューにおいて優るテレビ通販を利用した方が、より安心して蟹を味わうことができるでしょうね。

モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、意外にも、高級食材の上海ガニとは同族になるかにです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズという小さなかにです。

それから、小さい個体は雄のことが多いです。

食用がにとしては、昔から日本各地で広く知られています。

国内のかにの産地はどこかと考えると、北陸を挙げる方が多いです。

北陸ならかにと温泉を一緒に楽しめます。

石川県の粟津温泉はその代表です。

かにをふんだんに使った料理を食べるためにかにのシーズンには、全国から多くの客が集まってくるのです。

このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。

かにを求めてこの地を訪れる方は、満足して帰れることは確かです。