カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は水揚

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は水揚げできる時期が限られています。

それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、その日になるまでは蟹漁をしない仕組みが整備されています。

旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、解禁日の情報に目を光らせておくことこそが肝要と言えるでしょう。

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、さすがに警察がからんでくるほどではありませんが、ちょっとした不満を寄せる人からの苦情が相次ぐようになったのです。

ほとんどの不満は品質に関するものですが、中には業者の姿勢を疑いたくなることもあります。

業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを軽減するには周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りに探せばきっといいお店に出会えるはずです。

ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、意外な人から意外な情報を手に入れることもあるでしょうし、そうでなくても、他のことで何かの役に立つかもしれません。

蟹を買おうとするときの注意点。

それは、選ぶ方法に注意すべきです。

一口に蟹といえどもいろいろな種類がいるので、選ぶ方法に違いがあります。

例えば、ズワイ蟹を買う場合を考えてみましょう。

この時には、どこを見ればいいと思いますか?それは、腹側です。

この時大事なのは腹側が白いズワイガニを避けることで、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。

その他にも、甲羅の硬いものもいいでしょう。

かにをお歳暮にしよう、と考えた方、気をつけてくださいね。

何のことかと思うでしょうが、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、お店の人に選んでもらうのを避けることです。

多くの人はそうだったかもしれませんが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、店側が早く売りたい見切り品を掴まされるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、十分信頼できるお店を選んでください。

蟹には色々な食べ方がありますが、中でも美味しいのはたっぷりのお湯で茹でる茹で蟹、そして蟹鍋を推させてもらいます。

大の蟹好きである私もはっきりそう思います。

蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは生のままという特性上、鮮度が落ちると味も良くありません。

そこで蟹鍋や塩茹でがオススメになるわけです。

これらの食べ方なら、多少鮮度が落ちたくらいでは味は悪くなりません。

この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じたとしても醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、ご自宅でも蟹専門のお店のような味わいが堪能できます。