カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ネットで検索するとたくさんの業者が蟹通販をやってい

ネットで検索するとたくさんの業者が蟹通販をやっていますが、安心感で言うなら、楽天市場を利用すること。

これに尽きると思います。

小さなサイトでは信用できないかもしれないですが、楽天なら、通販独自のめんどくささなどを感じる機会はほぼ無くなると断言できます。

世の中に通販サイトは多くありますが、中でも楽天はそれだけ鉄壁の安心感が得られます。

なんといってもネット通販最大手の楽天ですから、商品が届かない、または欠陥品だったなどのリスクはまず有り得ません。

毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。

何点か挙げてみます。

一番のポイントは水揚げされた時期です。

寒い時期は、大きく身がぎっしり詰まったおいしい毛蟹を入手できるのです。

次のポイントは、新鮮そうな色、大きさ、そして手にして重みがあるかです。

見た目にも新鮮そうで、持ったときに重みを感じられるものを選ぶとよいです。

色艶のいいかにはやはり新鮮ですし、重たいかには身がぎっしり詰まっています。

実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことではずれは少ないと考えられます。

吹く風が冷たく、冬を感じ始めるとなんとなく食べたくなるものってありますよね。

かにってそんな雰囲気をかもし出す食べ物だと思いませんか。

ここ数年、我が家のブームは年越しがにと迎春がになので、12月になると産直通販で購入し、プリップリで食べごたえ満点のかにで溜まった疲れを吹き飛ばしています。

ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。

毎年どうやって選んだらいいか、ものすごく悩みますよね。

堅い殻に覆われていても中身は生ものでデリケートな高級品ですし、未だにぜいたく品の貫禄十分ですし、それなりのお値段もしますから、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。

やっぱり、インターネットの口コミを出来るだけ見て全員が良い評価をしていればハズレを引く確率をぐっと抑えられます。

モズクガニをご存じですか。

意外にも、高級食材の上海ガニとは同族になるかにです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

重さとしては、170グラムから180グラムが普通サイズとして出回っています。

雄より雌の方が大きいのも特長です。

食用がにとしては、昔から日本各地で案外知られた存在です。

通販といっても様々な種類の蟹があります。

そんな中で、今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、生の蟹よりも冷凍の蟹です。

水揚げ後すぐに茹でて冷凍されたものを選びましょう。

冷凍を勧められると、多くの方は意外に思うでしょう。

しかし、生の蟹はいかに新鮮とはいえ、素人が簡単に捌けないという難点があります。

蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、無用な失敗のもとですので、その手間がかからない、ボイル済の冷凍蟹を購入する方がよいでしょう。