カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するの

今や蟹通販では「訳あり」の蟹を狙って購入するのがセオリーになってきました。

その購入を肯定しているのにも、本当にお得な理由があるからです。

以下ご説明します。

それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、傷物などは店頭に出ていませんが、そのぶん値段も普通通りで、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。

一方、蟹通販の場合、普通の店頭では売り物にならないようなキズモノでも、安く買いたいお客様向けに「訳あり蟹」として売っており、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

蟹の旬がいよいよですね。

私が毎年心待ちにしている季節です。

蟹の魅力を味わい尽くすべく、北海道に旅行するのが、この時期欠かせないお約束になっています。

私が毎年必ず足を運ぶのは、旧知の知り合いが経営する、函館市内の店舗です。

ここは隠れた穴場ですよ。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を味わいつくすことができます。

今年も既に予約を入れており、今から心待ちにしています。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので外に出しておけば解凍できると思う方もいるらしいですが、かにをおいしく調理するためには解凍に手間ひまをかけるのが正解です。

かにをおいしく解凍するために必須なのは室内に出して解凍するのではなく冷蔵庫に入れて解凍することです。

これを守るだけでもかなり差が出てきます。

ぜひ心がけてください。

花咲がには高価なおいしいかにですね。

根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにに見えますが、かにの仲間が真実で、ヤドカリだと覚えておきましょう。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなのでかにと全く同じ立場で取引されるのが普通です。

身は引き締まって濃い味わい、産地が限られて漁獲量も少ないので非常に珍重されています。

蟹の名産地といえば全国にいくつかありますが、第一にその名が挙がる漁場といえば北海道であることに異論はないでしょう。

多くの種類の蟹が獲れる北海道。

品種によって多少の差はあれど、色々な蟹が獲れるという点では、北海道は日本一の蟹の産地といえるでしょう。

ところが、現実には、北海道どころか海外産の蟹が道内で売られている場合がままあり、少しがっかりさせられます。