カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲ら

寒い冬、美味しいものは数々あれど、味でも価格でもトップを譲らないのは、かにですね。

かにの出荷量1位を誇る地域から、クール便で届けば安心ですね。

様々なかにを扱う通信販売では、かにの良し悪しを見分けるのに自分の目が正しいのか分からず不安ですが、悩みがちなかに好きのあなたにだけ、内緒で教えてあげます。

注意点がこれだけあるということです。

産地というのはもちろん、いの一番に考えなくてはいけないものです。

高品質のかには、有名な産地に行ってそこで食べるのが一番ですが、次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことで、最後の仕上げに、インターネットの口コミなどのお店の評判を基に自分なりのお店のランク付けをしてみれば、間違いのない選択ができるかもしれません。

タラバガニの場合、どんな個体を選べばよいでしょうか。

選べるなら、オスの方がおいしいのです。

メスの個体は栄養分を卵に消費することが多く、タラバガニならここ、とも言える脚の身に栄養が回っているオスで決まりでしょう。

さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてください。

6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、突起が4つの場合、それはアブラガニという似ていますが別の種類です。

一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。

一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。

タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がこれぞかに、という方はたくさんいます。

味ならズワイガニが一番、といわれるくらいよく知られた種類です。

どのかにも、独自の味わいがあり、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いてしまったのが、ここ最近被害の訴えが多く出始めたという、かにかに詐欺などと一部では呼ばれていたりするそうですが、つまりは、かにの注文をだしにお金を騙し取られる詐欺です。

最初はかに通販の事なんかおくびにも出さずに、電話による世論調査のふりをして簡単な質問をし、アンケートの中でプレゼントなどにつられて個人情報を答えていたりすると、数日が経った頃、断ったはずのかにと思われる大きな宅配便の箱が送りつけられ、どうなっているのか業者に問い合わせても取り合ってもらえず、あきらめてお金を払ってしまう人が多くいるそうです。

それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、産地偽装どころかとんでもない安物傷物のかにを送ってくるというのもあり、これはよくある話だといいます。

許せませんよね。

通販は、相手も商品も見えないものだけに、信用できる会社を見つけることこそが、いいものに出会えるかどうかの境目なんですね。