カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

モズクガニは意外とメジャーなかにです。世界でその名を知られた上海

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

世界でその名を知られた上海ガニの同じ仲間なのです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いといわれています。

それから、小さい個体は雄のことが多いです。

日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用としてよく使われています。

蟹通販というものをご存じでしょうか? 実際に利用したことがある方も多くいらっしゃると思います。

しかしながら、通販で売っている蟹のグレードは大丈夫なのかどうしても疑問が残るという人もいるでしょう。

今のようにネットが普及する前なら、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話はほぼ有り得ないものとされていましたね。

ところが、ここ最近では店頭で買うのに劣らないグレードの蟹を当たり前に通販で買えるようになってきました。

意外と知られていないことですが、蟹は年中いつでも獲っていいものではなく、それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、蟹の解禁日がおおむね秋頃に設定されており、その日になるまでは蟹漁をしないという規制がなされています。

旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことを意識してください。

蟹通販で狙い目なのが、ワケアリの蟹。

その購入をあえて皆様にお勧めしているのには本当にお得な理由があるからです。

以下ご説明します。

それはひとえに実店舗とネット通販の違いです。

普通のお店では、ごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、びっくりするほどお得になるという例はほとんどないでしょう。

一方、蟹通販の場合、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、これを利用すればお得に蟹を買うことができるのです。

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは日本中に広く分布する蟹で、正式名称はガザミといわれ、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海などで水揚げされますが、最近では日本産は減り、高級品となっています。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、肉や蟹ミソ、卵巣など蟹の醍醐味を全て味わえることから、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

様々な食べ方が楽しめる渡り蟹。

中でも茹で蟹や蒸し蟹にして食べるのが基本的な楽しみ方です。

また、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。