カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

案外よく食べられているのが、モズクガニです。何と、か

案外よく食べられているのが、モズクガニです。

何と、かの有名な上海ガニとよく見ると似ている、同じ族のかになのです。

上海ガニと似ていないのは背中の黒く細かい模様で、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

全体の重さが170グラムから180グラムになるのが標準という小さなかにです。

なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。

丸ごと使えるかにとして、日本では昔から案外知られた存在です。

買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。

それが「カニカニ詐欺」とも呼ばれる、蟹通販詐欺という手口です。

この手口では、家族が注文したと思い込ませるように代引きで発送してきて、なしくずし的にお金を払ってしまうケースが多いようです。

きっぱり断ってもいいのですが、ベラボウな金額を請求されているわけでもなく、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。

身に覚えのない代引きが届いときは、すぐにお金を支払わず、念入りに確認することをお勧めします。

ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、買って食べるのが普通と自然に思っています。

それも当然でしょう。

ネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、水揚げされたばかりのかにを、産地から直送してもらえるためです。

産地直送の生のかにを通販で簡単に買えるようになったので、かにがおいしいシーズンになったら少々時間はかかりますが、店舗に行くよりもどこの通販にしようか?と考えるようになりました。

贅沢品といえば何といっても蟹。

私も蟹は大好きで、ネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、いくつか注意するべきポイントもあります。

通販は届いてみるまで品物が見えないですから、どのくらいの量が届くのかはしっかり確認しておきましょう。

購入者を欺こうとする悪質な業者もいるのです。

それ以外にも、蟹の解凍は難しいポイントです。

解凍はプロでも気を遣います。

急がず焦らず、十分慎重に行うことが大事です。

急いで解凍すると、せっかくの蟹も旨みが抜けて台無しです。