カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かに通販のお店にも、訳ありの商品があるって知っていましたか。

かに通販のお店にも、訳ありの商品があるって知っていましたか。

訳というのが何で、食べてみて正規品とどこまで差があるのか。

分かった上で理由に納得がいけば心おきなく楽しみたいと思います。

お店によって基準もバラバラですが、あくまでも生鮮食品ですから、鮮度が極端に落ちているとか、味に問題があるようなものは出回りません。

でも、大きさに関してが最もよく見られる例で、基準と考えられるサイズを大きく超えていたり、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。

商品として並べてから、バランスが合わなくて外されることもあるようです。

甲羅の傷や脚の外れなどもありますが、味には変わりないですよね。

こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民は気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分かにを堪能してください。

蟹の種類の一つである渡り蟹。

横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、最も代表的な漁場は瀬戸内海ですが、その他、大阪湾や有明海三河湾の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。

六角形の横長の甲羅を持つ、比較的大きなサイズの蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、日本各地で食用として重んじられてきました。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが基本的な楽しみ方です。

また、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

私も家族も無類の蟹好きですので、通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。

しかし、通販は相手が見えないですから、注意すべき点もあります。

通販は届いてみるまで品物が見えないですから、何キログラム、何杯など、量の確認は入念にしましょう。

量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

解凍はプロでも気を遣います。

急がず焦らず、自然に解けるのを待つことが大切です。

よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。

蟹を食材として使う場合、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。

いくつかあるポイントの中でとりわけ注意すべきことは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

一般的に多くなされる方法が早く解凍したいがために、蟹を水中に入れてしまいます。

そうしてしまうと、蟹の旨みが楽しめなくなってしまうので、冷蔵庫に入れて、時間をかけて解凍してください。