カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

その昔、ごく一部の裕福な人々のものだった

その昔、ごく一部の裕福な人々のものだったかにも、今やちょっと奮発すれば手の届く時代です。

お手軽な通販でかにを注文することが出来るのは、うれしい限りですが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりする人も増え、問題になったこともあります。

その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを軽減するには通販の会社を見て判断する代わりに全国のユーザーの口コミやレビューで判断し、お店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。

今まであまり活用していませんでしたが、SNSを利用して検索したら如何でしょう。

思いもよらない収穫があるかもしれませんよ。

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあるかもしれない「訳あり商品」ですが、通信販売で、かにの訳ありなんて価格を大幅に下げなければ売れないほどの、どんな瑕疵つまり傷があるのか、購入者にとっては大問題ですよね。

判断はお店次第ですから、必ずしも同じ様なものにはなりませんが、意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、そうかと思えば、小さすぎるのもダメなようです。

商品として並べてから、バランスが合わなくて外されることもあるようです。

気がつかないような甲羅や爪の傷も容赦ありません。

このように、食べる上で何の影響もないようなことで、訳あり品になるので、よほどうるさい人でなければ気にするようなことは何もないことがよくわかったことと思います。

安心して購入し、たっぷり召し上がって欲しいですね。

蟹の魅力を最も味わい尽くせる食べ方は、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。

大の蟹好きである私もはっきりそう思います。

蟹を味わうには生の方がいいという方もいますが、刺身や蟹しゃぶは少しでも鮮度が落ちると、途端に味も悪くなってしまいます。

しかし、蟹鍋や茹で蟹の場合はそうした制限はなく、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。

この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じたとしても土佐酢や柚子胡椒など、付けダレを変えれば専門店さながらの味を楽しめるのでお勧めです。

ブランド蟹にもたくさんの種類がありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

蟹本来の旨味や、繊細な味わいに優れています。

一度その味わいを知ってしまうと、他の種類の蟹はもう食べる気をなくしてしまうかもしれませんね。

ズワイガニは、さらに産地によって越前ガニや松葉ガニなどのブランドに分かれますが、どこのズワイガニかを見分けるには脚のタグを見ればよいのです。

脚のタグは、ブランド蟹の品質や味の良さを証明するためのものです。

蟹の購入で失敗しないためにも、商品を選ぶ際にはタグを確認すればいいのだということを知っておきましょう。