カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いて

つい最近利用したばかりだったので、聞いた時に驚いてしまったのが、ここ最近被害の訴えが多く出始めたという、かにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。

その手口は様々ですが、共通しているのは、アンケートに協力させてこちらの対応を伺い、巧みにかに通販へと誘導していくことです。

電話でのやりとりの欠点として証拠が残せないものの、断ったつもりで安心していると数日後に明らかにかにが入っていそうな見慣れぬ包みが送りつけられ、どうなっているのか業者に問い合わせても取り合ってもらえず、あきらめてお金を払ってしまう人が多くいるそうです。

また、通販会社の中には、大きさも品質も最上級の品揃えと保証しながら、売れ残りのかにやB級品のかにを押し付けられるなんてこともあるそうですが、こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。

こうなったら、あらゆることに注意をし、知らない人の誘いに乗らない、アンケートには絶対に答えないなど、不用意な接触を断つことがいいのかもしれません。

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあるかもしれない「訳あり商品」ですが、通信販売で、かにの訳ありなんて美味しければ訳なんてどうでもいい人もいるかもしれませんが、大抵は訳ありは不良品とも言えるかも知れず、そこが、業者の誠意を推し量る上で大変役立つと思います。

訳ありは、損害になるか、客寄せになるか、読みきれないものなので、そのお店の考え方が表われます。

意外に似通っていることが多く、基準より大きすぎるとか、反対に小さすぎたりというもので、サイズなんてグラムで売れば関係ないんじゃないかとも思うのですが、そうとばかりも言えないようで。

訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。

食べるわけでもない甲羅にほんのちょっと傷があるものなんて、訳ありで買ったら申し訳ないくらいですね。

正規品にむやみにこだわる意味などないこともわかり、訳あり品だからって気にする方がおかしいくらいです。

友達にも教えてあげようと思います。

秋も終わりに近づくとかに好きならずとも、食べたくなるでしょう。

まして、寒い時期に食べるかに鍋は一度食べれば、忘れられないおいしさですね。

かに鍋をよりおいしくしたいと思うなら、近所のスーパーからかにを買うのではなく、市場まで足を運んで買ってくると新鮮なかにを食べられます。

あるいは、通販で産地から直接買うのもおいしい鍋への近道です。

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。

産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、箱の大きさや、その中にどのくらい入っているかも把握できるので、量を減らそうと思うのが当たり前です。

通販だと、量やかさ、箱の大きさを実感できないまま、宣伝にのせられて買ってしまい、全部食べきるまで大変だったという話を通販の中でも、かにではありがちです。

どうか同じ失敗は繰り返さないでくださいね。