カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹の食べ放題も増えてきましたが、

蟹の食べ放題も増えてきましたが、多くの人は食べ放題の蟹はマズいというイメージや実体験をお持ちですよね。

でも、中には例外もあります。

最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。

食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、品質、新鮮さともに申し分ない蟹をふんだんに振る舞ってくれます。

しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人はいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶのが最適ということになるでしょう。

より良いタラバガニの条件とは、脚を味わうなら、まずオスにしてください。

メスは卵を抱えているため、栄養分はそちらに行ってしまいます。

タラバガニを食べるときにぜひ味わいたい脚のおいしさを考えると雄を選ぶべきですよね。

念のため、甲羅の真ん中に縦2列で並ぶ突起の数を確認しましょう。

正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、4つだけなら、アブラガニなので、残念ながら異なる種類のかにです。

一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、味噌こそ、本当のかにの醍醐味ですよね。

味噌好きの方が選ぶかにとしては、毛蟹が他を圧倒しています。

特有のこってりした味噌こそがこれが最高、と言う方が多いのもうなずけます。

手に入りやすく味噌のおいしいかにとして、ぜひ、ワタリガニの味噌を味わってください。

脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。

味噌は納得のおいしさです。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。

そして、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。

この時期、ご家族や親戚、お世話になった知人の方などに、蟹をお歳暮で贈るケースも多いでしょう。

でも、気をつけてください。

水揚げの瞬間から鮮度の劣化は始まっています。

時間が経つとそのぶん味も悪くなるのに加えて、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。

そのような危険を冒さないためには、通販では信用できる業者を吟味して選ぶようにしましょう。

また、相手のご家族が在宅している時間に届くように発送するべきなのは言うまでもありません。