カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあ

ほとんどの方は、花咲がにの名前を聞いたことはあっても食べたことはないかもしれません。

根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにの一種で、分類するとヤドカリだったのです。

といっても、見た目も味もほとんどかになので食べる方としては、かにと同じ扱いで全く問題はありません。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、市場に出る量は少ないため、ブランドがにとして有名なかにの一種です。

お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならば詰めを甘くしてはいけません。

どういうことかといいますと、たくさん並んだかにの中から、手間を惜しんで店側に選ばせてしまうのはいけません。

多くの人はそうだったかもしれませんが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。

大事なお歳暮用のかにですから、十分信頼できるお店を選んでください。

便利で知られる蟹通販ですが、ネックがあるとすれば、蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。

皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、そんなに新鮮な印象はないのかもしれないですね。

でも、それは誤解です。

現実には蟹通販の蟹は十分に新鮮だといえます。

何しろ蟹通販の蟹は漁港からダイレクトに送られてくるのですから、一般的なお店で売られている蟹よりもむしろ新鮮さにおいては優っていることが多いのです。

蟹の魅力を十分に引き出すためには、調理の仕方もおろそかにはできません。

蟹の代表的な食べ方といえば茹で蟹ですから、蟹をうまく茹でるための方法を把握しておくことが重要だといえます。

では、そのコツとは何か。

それは、鍋のサイズを妥協しないことです。

大きめの鍋を使い、蟹全体がしっかりお湯をかぶるようにして茹でれば、美味しい茹で蟹が簡単にできます。

ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリガニと言います。

ズワイガニや毛蟹に比べれば脚を味わいたい方には向いていないのですが、味噌はどのかににも勝るとも劣らず好きな方には堪えられません。

水揚げ量の多いかにで、比較的手ごろな価格なのでかに味噌をたっぷり味わいたいなら一番おすすめのかにです。

丸ごと調理するのも簡単なサイズで丸揚げや丸焼きも難しくありません。