カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

おいしいかにを選びたい方、こんな方法が

おいしいかにを選びたい方、こんな方法があります。

いわゆるブランド品のかにをあたってみるそれで失敗はないでしょう。

かにのブランドを知らなくても大丈夫です。

ブランド品ならどこかにタグやシールがついているはずです。

その名は、特定地域で獲れたかにであることの証明になっているのです。

言うまでもなく、それが味の保証となっているので、他のかにとは違うことを示すためにブランドにしていると言えます。

一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、本当のかに好きは、味噌を味わっています。

かに味噌を味わうなら、毛蟹が他を圧倒しています。

濃厚な味わいの味噌をすすれば、寒いときにはたまりません。

もっとコンパクトサイズのかに味噌で十分というなら、ワタリガニはいかかでしょうか。

毛蟹ほどのボリュームはありませんが、味噌は納得のおいしさです。

皆さんは蟹通販を利用したことはありますか? 蟹通販では、いつでも新鮮な蟹を手軽に取り寄せることができ、とても便利です。

ですが、広まってきたということはそれだけ多くの業者が参入しており、業者ごとに価格や送料、配達可能地域などの条件も違うので、業者選びを間違えると、損してしまうこともあります。

根気よく多くのサイトを見ていけば、蟹が激安だったり、送料が無料だったりするお得な業者もあります。

とはいえ、安すぎる店には何かカラクリがありそうですから、そのお店の口コミやレビューをチェックし、信用性をしっかり確認し、無用なトラブルを避けましょう。

中華料理は数あれど、中でも上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、上海蟹とは、元は中国全域で漁獲される淡水蟹の中でも、とりわけ揚子江の下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

年間通して入手可能なのでオフシーズンなく味わえはするのですが、メスでは、産卵前の10月付近、お腹に卵がたくさんある時期と11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、格別の味とされ、大切にされています。

テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道で決まりでしょう。

実は、それには訳があって、日本で水揚げされる毛蟹の産地は北海道限定だからです。

まだまだ他にかにの種類はあります。

それなら北海道の他にも、おいしいかにがとれる産地はたくさんあります。

ズワイガニなら、松葉ガニを誰もが思い浮かべるくらい鳥取でたくさんとれますよ。