カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

通販で買ったかにのおかげで、かなり危な

通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

一度にたくさん食べると、大変なことになるかもしれませんよ。

通販で毛蟹を大量に購入したことがあり、彼女と二人、全部を一気に食べていると、寒気のような、ぞくぞくが起こりました。

変だねと言いながら、まだ食べていたら、寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。

あのときのかには本当においしかったのですが、かには身体を冷やすことがあります。

どうか、おいしいものは少しずつ食べてくださいね。

蟹といえば殻をむくのが面倒ですよね。

そんな方にオススメなのが、ポーションタイプ(小分けに冷凍された食品という意味です)の商品です。

新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。

どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点では殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのが最良の方法だと思います。

ポーションタイプではなく、丸ごと揃った蟹を味わいたい方は、蟹通販ならキズモノなどの訳ありで安くなっている蟹が買えるので、リーズナブルに美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。

夕食のテーブルにかにがあるだけで豪華な気分を味わえた記憶は誰でも味わったことでしょう。

丸ごとのかになどあった日には、みんなのにっこりがあふれたことでしょう。

大概の地域のスーパーでは一匹丸ごとのかにを売っていないところが多いでしょう。

その問題を解決できるのは通販で、新鮮な状態で届けてくれるので、みんなが納得、満足できるはずです。

買ってもいない蟹が突然家に送られてくる。

それが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。

旦那さんや奥さんが注文したのかと思い、代引きで支払いに応じてしまう人が少なくないようです。

真っ当な商取引ではありませんが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めて諦めてしまうケースがまま見られます。

身に覚えのない代引きが届いときは、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

その後、甲羅から足を取り外します。

腹の切れ目を中心に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、蟹スプーンなどで身をすくいやすくするため、表面に切れ目を入れるという手順です。

慣れれば早くさばけるようになりますよ。