カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにの産地として有名な地方と言えば北海道、そして北陸で

かにの産地として有名な地方と言えば北海道、そして北陸でしょう。

北陸にはかにを堪能できる温泉も多く、粟津温泉をすすめる方は多く、かにをふんだんに使った料理を食べるために全国からその評判を聞きつけた客がこの温泉を訪れます。

このあたりのかには加能がにと言われ、ズワイガニのブランドとなっています。

かにのシーズンにとれたてを味わいたい方は、満足して帰れることは確かです。

セコガニは大変珍しいかにで、松葉ガニのメスのことです。

どちらかといえば、松葉ガニより大きさは小さいことが多いですが、卵を抱えたかにで身も濃厚な味とされていて、松葉ガニにはない味を求める方も熱く語っています。

このかには、11月から1月までしか漁の期間は決まっているのでその意味でも非常に貴重なかにです。

ワタリガニは特定の種類でなく、ガザミ、イシガニ類の総称と思ってください。

ズワイガニや毛蟹に比べれば脚は出汁にしかならないかもしれませんが、味噌がおいしいかにを求めるなら大変有名です。

贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌好きが十分満足するには期待に応えてくれます。

脚が細いので小さくまとまり、丸揚げや丸焼きも難しくありません。

蟹の調理の仕方においては、「蟹がどういった状態であるか」に合わせて様々な注意点があります。

そんな中、特に留意する点は、冷凍してある蟹の解凍の方法です。

多くの人々は急いで解凍するために水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。

もしそのようにしてしまうと、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、冷蔵庫に入れたままゆっくりと解凍しましょう。

おいしい蟹をいただくにはどのような方法があると思いますか?店や通販で売っているものを買う以外にも、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。

絶品の蟹がウリの温泉地もあるからです。

蟹がたくさん水揚げされる地域にある温泉地では行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。

ただ注意すべきことは、温泉だけであれば通年利用できますが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、旬に合わせて行くようにしましょう。