カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

秋も終わりに近づくとお店でも、かにに目が行って

秋も終わりに近づくとお店でも、かにに目が行ってしまうものです。

寒いときにみんなで囲むかに鍋は誰でも笑顔になれます。

かに鍋をよりおいしくしたいと思うなら、かにをスーパーなどで買うと少々もったいないので、市場でいろいろ見てから買った方が鍋はさらにおいしくなるはずです。

通販をまめにチェックして、かにを買うのもおいしい鍋への近道です。

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも多いのに気づいた方もいるでしょう。

ほぐしていないかにの身、ということですね。

むき身にしたかにをイメージしてください。

むき身の方が手軽に調理できるというのも強みですし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので新鮮なのに安く売られているといった隠れた利点もあるのです。

かには食用だけでも数え切れない種類があり、国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。

後は、毛蟹も有名ですね。

あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がたまらないという方は多いようです。

身や味噌の味といえば、ズワイガニもよく知られた種類です。

種類によっておいしさが違うのもかにの特徴で、人それぞれ、好きなかにがあるのです。

ズワイガニがあれば紅ズワイガニはいらないともっともらしく言われますがそれは思い込みかもしれません。

これまで食べた紅ズワイガニはどれもはずればかりだとしたら今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。

ズワイガニは鮮度が命で、新鮮なら誰もがおいしいと言います。

ただ、非常に鮮度が落ちやすいのでおいしくないと思われているのかもしれません。

毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。

何点か挙げてみます。

毛蟹と言えば冬が旬。

ですから、全体に大きく、身が入っているのも冬で、活がにならベストのシーズンです。

実際に見て買えるなら、見た目の色や大きさ、持ってみてズシッとくるかです。

なるべく触ってみて、感触のよい、ずっしりと重いものにしてください。

身が詰まっている様子は見た目にもわかりますし、持ってみれば直に感じられます。

実店舗でも通販でも、評価の高いお店を探すことで新鮮で身が詰まった個体に出会いやすいと言えます。