カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ワタリガニは特定の種類でなく、ガザミ、イシ

ワタリガニは特定の種類でなく、ガザミ、イシガニ類の総称と思ってください。

かにの中で比較するとその脚は太くはありませんが味噌がおいしいかにを求めるなら大変有名です。

贈答用とは言えませんが、自家用にふさわしい値段でかに味噌好きが十分満足するには期待に応えてくれます。

脚が細いので小さくまとまり、いろいろな料理に使えるかにでもあります。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

これからは、塩を入れたお湯で茹でてください。

塩分は濃くしないことを心がけて、塩気をつけています、という感じを保ってください。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、鍋に入る大きさに分けて鍋に全て収めてください。

関節などに汚れがついているので、軽く洗っておくと衛生的ですね。

色々な種類のかにが通販で手に入る中で、タラバガニは不動の地位を占めていますが、買う前に十分業者のことを調べてください。

アブラガニをご存じでしょうか。

タラバガニにそっくりな見た目で、そう簡単には見分けられません。

タラバガニだと信じて買ったら、アブラガニを掴まされた深刻な話も時々聞きますから、実際に買うときにはよく知られたお店から買うのが無難です。

ズワイガニのメスは、「セコガニ」と呼ばれます。

地方により様々で、セイコガニ、香箱ガニといった呼び方もされています。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、通常脚の身が好まれることが多く、ゆでガニにしたり、焼ガニにしたり、鍋に入れて食します。

逆に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、内子や味噌、そして外子がうまく配合されており、わりと、そういった部分を湯がき、珍味として食べます。

よく蟹の旬ということを言いますが、蟹は実は好きな時期に漁をすることはできず、一定の時期にならないと漁が解禁されません。

漁業の秩序を守り、資源を保護するため、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、その期間以外は漁をしてはならないという規制がなされています。

蟹のシーズンに出遅れないようにするため、解禁日の情報に目を光らせておくことが大事だと覚えておきましょう。