カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが

多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが、その欠点といえば、店頭と違い、じかに商品を見て比べることができないことです。

実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、進んで試食をさせてくれるお店もけっこうありますよね。

また、お店によって塩加減なども千差万別なので、色々なお店の中から、特に好みの味付けのところを探せばより美味しい蟹を楽しめます。

つまり、通販が全てにおいて店舗販売に優っているわけではなく、実際の店舗に及ばない部分もあるので、よく考えて利用しましょう。

ここ2、3年、ネットやテレビのかに通販のお世話になって、かにを買うのがおすすめという流れになっています。

どの食品でも同じですが、ネットでどこの情報でも手に入れられますし、宅配業者の冷蔵冷凍技術も確かなので、全国どこからでも、おいしいかにを直送してもらえるからです。

通販で生のかにの販売が増えており、これがけっこうおいしいので、かにがおいしいシーズンになったらちょっと待ってもらって、お店で買うのではなくかに通販で決まり、と思っています。

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、期待はずれだったり価格が適正でないということを言い出す人も増え、問題になったこともあります。

大抵は、カタログなどと比べて劣っていることを挙げることが多いようです。

あとはそれほど多くないものの会社に対するものもあります。

業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けることができる最善の方法は周りの評判や実際に食べてみた人の感想など、具体的で信用できる情報を頼りにお店を選べば、ほとんど失敗はないはずです。

ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。

参考になる意見があるという保証はありませんが、思いがけない発見がある場合もあるでしょう。

かにのおいしい食べ方がわからない、という声もありますが、おすすめは「焼きがに」ですね。

殻付きのかにが手に入ったら、ぜひお試しください。

まずは、解凍ですよ。

ラップよりも、水分を吸収する新聞紙やキッチンペーパーで包み、自然解凍できれば最高です。

理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。

半分解凍できたところで、殻のまま網で焼くと、うま味が殻に残り、水分も含んだ状態で食べられます。

うま味を含んだ水分が残るよう、焼きすぎないでください。

一般的に、かにの身といえば脚肉でしょうが、通の味は、何といっても味噌でしょう。

かに味噌を味わうなら、毛蟹と言う方がほとんどです。

特有のこってりした味噌こそが寒いときにはたまりません。

毛蟹のボリュームは結構という方には、ワタリガニはいかかでしょうか。

脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。

味わいは勝るとも劣りません。