カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにの食べ放題というと、味がどうかという点で

かにの食べ放題というと、味がどうかという点でどうも、ひとくくりにはできないようです。

もちろん、同じチェーンでも地域によって違うといった問題もあるでしょうが、数は多くありませんが、専門店の食べ放題は評判の良いお店が多いです。

これに対し、焼肉などかに以外が専門のお店は専門店より味が落ちるところが多いとよくいわれます。

専門店で食べ放題があるところは多くありませんが、本当においしいので、お近くにあれば、一度足を運んでください。

より良いタラバガニの条件とは、とにかく、雄を選ぶのがおすすめです。

雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニが最もおいしい部分、おいしい脚肉を食べたければ雄を選ぶべきですよね。

これも通販では難しいですが、甲羅の中央部にある突起の数に注意してください。

正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、万が一、突起が4つしかなければ、それはアブラガニなのです。

違う種類を買わないよう用心してください。

名前からして美味しそうな花咲がにはどのようなかにかというと、根室の花咲漁港が主な産地のかにのようでかにではなく、実はヤドカリと考えてください。

実際は、見た目ではかにと区別がつかず、味もかにに近いので実に貴重なかにとして全国に出回っています。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、産地が限られて漁獲量も少ないので非常に珍重されています。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れる。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

ズワイガニというと、ズワイガニに比べたらおいしくないともっともらしく言われますが果たしてどうでしょうか。

これまで食べた紅ズワイガニはどれも味がよかったとは言えなければ今までおいしい紅ズワイガニにあたったことがないためでしょう。

新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても誰もがおいしいと言います。

ただ、非常に鮮度が落ちやすいので誤解が生まれるのも仕方がありません。