カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

通販によって蟹はますま

通販によって蟹はますますポピュラーになってきました。

最近人気の種類として挙げられるのが、花咲蟹という種類の蟹です。

ハート形に似た甲羅を持つこの花咲蟹は、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

花咲蟹の身肉は引き締まっていますが、ジューシーで柔らかいという特徴もあり、タラバガニほどではないですが大きく、身入りも上々です。

夏から秋の時期にかけて美味しくなると言われます。

幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。

ご家庭で活蟹を捌く場合、いくつか注意すべき点があります。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておく。

以上が蟹の捌き方の基本になります。

料理に蟹を使うとき、蟹がどういう状態にあるかで気を付けるべきことがいくつかあります。

そんな中、特に留意する点は、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

大概の方は急いで解凍するために水に蟹を浸からせた状態にしてしまいます。

その方法をとった場合には、蟹にとっての大事な旨味が逃げてしまいますので、冷蔵庫に入れた状態での時間をかけた解凍が大切です。

ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、かに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。

意外にも、産地で食べるのと変わらないといっても言い過ぎでないほどの味でした。

コンピューターが各家庭に行き渡るはるか前から、かにを宅配便で全国に販売する会社はあったらしいのですが、一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して信用できる根拠もあまりなかったので、物好きな人が通販でかにを買ったのはいいのですが、評判が悪かったり、味に満足できないなんていう噂があったりしました。

とはいうものの、お取り寄せ全盛の昨今、産地直送のかには人気上位を保っています。

これを食べないのは損だと思いますよ。

花咲がには高価なおいしいかにですね。

北海道の東端に近い、根室の花咲近辺が産地となるかにの仲間です。

正確に言えばヤドカリというべきです。

しかし、かににそっくりであることと、味がほとんど同じなのでかにと全く同じ立場で全国に出回っています。

身は引き締まり、豊かな味わいがあって、水揚げが少ないのでめったにお目にかからず、誰もが認める有名なブランドがにです。

多くの方がかにの本場として挙げるのは、北陸を思い浮かべる方も多いでしょう。

冬はかにと温泉と思えば有名な観光地の一つが粟津温泉で、おいしいかにを味わい、温泉でくつろぐために小規模な温泉地ですが、全国から観光客がこの地を訪ねてきます。

粟津温泉で食べられるかにはズワイガニで、加能がにというブランドです。

ふっくらして濃厚な味の身です。

旬のかにと温泉を堪能したい方は満足して帰れることは確かです。

お得で便利な蟹通販。

これを利用すれば、いつでも自宅で待っているだけで、新鮮な蟹が届きます。

しかし、最近では蟹通販を取り扱う業者もどんどん増えてきましたので、どれを選んだらいいか分からない人も多いかもしれません。

まずは人気ランキングを参考にしてみましょう。

そうすれば、品質や価格などで業者を比較することができます。

この序列付けで上位に挙がってくるところの、売れ筋商品であれば、ほぼ間違いはないと言ってよいでしょう。