カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

かにのおいしい食べ方がわからない、とい

かにのおいしい食べ方がわからない、という声もありますが、「焼きがに」いかがですか。

かにの醍醐味を十分楽しめますよ。

冷凍品の場合、解凍にはコツがあります。

乾燥を避けるため、新聞紙やキッチンペーパーで丸ごとくるみ、じっくり自然解凍してください。

理想は、半日くらいかけてゆっくり解凍することです。

半解凍の頃を見計らい、殻付きのまま焼けば、しっとりした、うま味の残るかにを食べられます。

水分が残っているからおいしいので、焼きすぎは禁物です。

寒い季節のお楽しみとしてこれ以上のものはないと言えるのが、かにではないでしょうか。

名産地の出所確かなかにを小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。

いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。

そんな人にいいことを教えてあげましょう。

次の3つの要素が満たされれば、美味しいかにに一歩近づくことでしょう。

何といっても最初に考えなくてはいけないのは当然かにの獲れた場所、つまり産地ですね。

誰でも知っているような、かにで有名な地域で水揚げされたものなら、安心ですね。

産地が決まったら、いかに早くそこから届けてもらうかを考えることです。

最終的には、インターネットを活用して口コミを始めとする参考になりそうなサイトを一回りすれば、よいお店にめぐり合える確率は高いはずです。

かにを茹でるのは、保存も利くし、食べる人が好きな味をつけられる調理法ですね。

おいしく茹でるにはこれからは、塩を入れたお湯で茹でてください。

かににも海水の塩分がついていますので、塩味がついたな、くらいの塩分で十分です。

丸ごと茹でられないくらい立派なかにだったらもう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。

全てお湯に浸るように注意しましょう。

結構汚れもついているので、全体を洗っておくと衛生的ですね。

どうせ買うなら、より安いかにをと考えたことがあるという方はあちこちで見受けられます。

はずれがない方法としては、ご近所と一緒にある程度の量をまとめ、市場で直接買えば文句なく安く買えます。

交通費と手間はかかりますが、安さと新鮮さを追求するならおすすめできます。

それから、通販の利用も増えています。

産地から直接手に入れられ、安く買えるのでおすすめです。

多くの方が便利に利用されている蟹通販ですが、その欠点といえば、購入時の事前情報が写真や文章しかない点であるといえます。

実際のお店であれば、蟹の新鮮さや身の詰まり具合も確認できますし、店頭で味見ができる場合もよくあります。

蟹の品質だけでなく、茹でるときの塩加減などでも味が変わるので、美味しいなと感じたお店を「行き付け」にすることもできます。

通販にはない利点です。

手軽でお得な蟹通販のメリットは誰もが認めるところですが、一方、そうしたデメリットもあり、一長一短といえます。

皆が大好きな蟹。

蟹がよく獲れる地域として、第一にその名が挙がる漁場といえばなんといっても北海道です。

北海道の漁場では、実に多くの種類の蟹が水揚げされます。

他の地域で獲れる蟹にも美味しいものは多くありますが、そうしたケースを差し引いても、トータルではダントツで北海道が一番でしょう。

しかし、そうは言っても、海外から輸入した蟹を北海道内でも売っていることがままあり、少しがっかりさせられます。

蟹を入手しようとする際、重要なのは選び方です。

どんな種類の蟹かによってもどのような選び方をしたらいいかが変わってきます。

蟹の中でも、ズワイ蟹を買う際には大切なのは、腹側を見ること、これが重要です。

避けるべきズワイ蟹は腹が白くなっているもので中でも、アメ色のものがあるので、それを選びましょう。

そして、甲羅の硬いものもいいでしょう。