カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

食べられるかにといっ

食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、国内で最もよく知られているのはタラバガニでしょう。

毛蟹も、どこの国でもよく知られています。

タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、通の味ともいわれています。

味ならズワイガニが一番、といわれるくらいなくてはならない存在です。

とれる場所によっても味が違いますし、それぞれに好きな方がいます。

昔からある詐欺の手口で、自宅に突然蟹が送られてくるというのがあります。

最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。

この手口では、家族が注文したと思い込ませるように代引きで発送してきて、支払いに応じてしまう人が少なくないようです。

詐欺なのだから突き返してもいいのですが、警察沙汰にするような大きな金額でもないし、ひとまず蟹は手に入ったのだからいいかと思って被害を訴えないケースが多くなっています。

少しでも変だなと思う荷物が来たときには、本当に家族が注文したのか、よく確かめてから支払いましょう。

日頃から親しんでいるものの中にも、詐欺の芽が隠れていることがあるようで、ここのところ増えているというのが、買ったつもりのないかにを勝手に送ってくる、通販押し売り商法です。

その手口は様々ですが、共通しているのは、アンケートに協力させてこちらの対応を伺い、巧みにかに通販へと誘導していくことです。

毅然とした態度ではっきり断らないと、証拠のないのをいいことに、何日かたって、目玉の飛び出そうな値段と思われる大ぶりのかにが届いた時には後の祭り、返品を申し出てもクーリングオフはきかないと脅かされ、結局は泣き寝入りする他ないのです。

それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、売れ残りのかにやB級品のかにを押し付けられるなんてこともあるそうですが、これも立派な詐欺です。

美味しいかにを食べるつもりだった期待を裏切られ余分なお金まで取られるなんて、ひどい話です。

このような時代を生き抜くには、隙を見せない生き方を心がけるしかありませんね。

花咲がには、幻のかにとして知られています。

根室の花咲漁港がその名の由来で、周辺で水揚げされるかにのようでかにではなく、実はヤドカリだと覚えておきましょう。

といっても、見た目も味もほとんどかになのでかにと全く同じ立場で誰も問題にしていません。

芳醇な身が特色で、食べ応えもあり、希少価値もあることから、一度は食べたい珍しいかにとして全国に知られています。

蟹通販は便利だとよく言われますが、その利点として突出しているのはどこに住んでいようとも、蟹の名産地から新鮮な蟹をクリック一つで買えてしまう部分だといえます。

その点、何人もの人の手を渡って店頭に並ぶ蟹の場合、蟹通販で届く直送品と比べると店頭に出る頃には鮮度はだいぶ落ちてしまっていたりします。

こういう理由がありますから、美味しい蟹をお求めの方は通販を利用して、漁場から直接蟹を取り寄せるのが一番の正解だといえるのです。

今までにかに通販を利用した方、同じブランドのかにであっても、ボイル前と後はどちらがよいのかなかなか決められなかった方も少なくないでしょう。

通販のかにの加工法を条件設定するとき活かにが一押しです。

まず間違いなく、活かにの方が今は確実に新鮮でおいしいのです。

扱う店によっては絶対に手を出したくないものもあるかもしれない「訳あり商品」ですが、通信販売で、かにの訳ありなんていちいち説明がついているわけではないので、いったい如何なる理由でそうなっているのか、購入者にとっては大問題ですよね。

基準は統一されていないので、販売店によって差が出ることもありますが、大抵、大きすぎたり、小さいというのも基準を外れるので訳ありの仲間になります。

訳ありといっても明らかなものもあれば、ほとんど正規品と遜色ないものもあり、ちょっとしたバランスの問題などで訳あり入りすることもあるので、お得ですね。

脚や甲羅に傷や藤壺がついていたって美味しさは同じだと思います。

こんな些細なことが訳あり品の原因だったなんて、王侯貴族ならともかく一介の庶民は気にもしないでしょうし、安心して購入し、思う存分かにを堪能してください。