カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

「訳あり」の

「訳あり」の蟹と聞くと、なんだか怪しいと思う方もいるかもしれませんが、わざわざ皆様にご推奨するのは、ちゃんとした理由があるのです。

それは通販ならではの利点と言えます。

実店舗で購入する場合、蟹のグレードも値段も通常通りであり、なかなか普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。

通販と実店舗の違いはここなのです。

蟹通販ならば、普通は売り物にならない蟹。

つまり、傷物の蟹であっても、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

他のかにと同じく、通販でズワイガニをさがすならば、ぜひ、訳あり商品のチェックをしてください。

訳あり商品でも、ズワイガニに変わりはありません。

サイズが大きすぎるか小さすぎるものや、食べても問題がない程度の傷がある品などで、味に問題はないものばかりです。

時には、通販限定の激安価格になっています。

限定品で大量購入できないこともあるようですが、訳あり商品を候補にしていくのが絶対おすすめです。

蟹に解禁日があるって知っていましたか? 蟹というのは季節を問わずいつでも収獲できるわけではありません。

省令で定められる解禁日に従って漁をしなければなりません。

全ての蟹が獲り尽くされることを防ぐために、地域によって蟹漁が解禁される日が定められていて、蟹をとってもよいのは解禁日以降のみとすることが定められています。

毎年、解禁されたばかりの蟹にありつくためには、自分の好きな品種について、解禁日を把握しておくことこそが肝要と言えるでしょう。

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?正式名をガザミという、内湾に生息する大型の蟹で、かつては東京湾でも獲れたそうです。

現在では有明海や瀬戸内海の浅い内海で網引きによって漁獲されますが、日本での漁獲高は近年減少しています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

渡り蟹は調理法の多彩さでも知られ、塩茹でにしたり蒸したりするのが古くから最も一般的とされましたが、パスタや味噌汁など様々な料理に活かせる万能の蟹といえます。

かにのお歳暮、もらった方は喜ぶでしょう。

かにを買うときには、お店には内緒の注意点があります。

それはただ一つ、贈るかにを決める際、店側に勧められたかにを安易に選ばないことです。

多くの人はそうだったかもしれませんが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、鮮度の落ちるかにや、身の詰まっていないかにを贈ってしまうおそれがあります。

お歳暮のかにには特に念を入れて、十分信頼できるお店を選んでください。

かにの産地といえば?と聞くと、国内では北海道になるでしょうか。

それにも理由があって、今のところ、毛蟹がとれるのは北海道に限られるのが現状だからです。

日本では、その他にも多くの種類のかにがとれます。

そこで日本各地にそれぞれの種類が有名な場所を思いつく方もいると思います。

ズワイガニでいえば、松葉ガニのブランドで知られるように、鳥取が有名な産地となっています。

食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、一番メジャーなのはタラバガニだと言えます。

後は、毛蟹も有名ですね。

あの硬い毛だらけの姿を思い浮かべるでしょうが、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がこれぞかに、という方はたくさんいます。

ズワイガニも多く出回っており、その味もなくてはならない存在です。

どのかにも、独自の味わいがあり、それぞれに好きな方がいます。

広告を非表示にする