カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

ここだけの話、通販で買っ

ここだけの話、通販で買ったかにで大失敗したことがあります。

安くたくさん買っても、一度に食べてはいけません。

毛蟹を通販で大量注文し、彼女と二人、全部を一気に食べていると、あれ?なんだか寒くなってきたのです。

気にせず食べるのを止めなかったので寒気が止まらなくなり、がたがた震えだしました。

通販ではおいしくて安いかにがたくさん買えますが、かには身体を冷やすことがあります。

少しずつ、味わいながら食べてください。

蟹には色々な種類がありますが、最近人気の蟹の一つに花咲蟹が挙げられます。

初めて聞いた方もいるでしょうか?花咲蟹はコンブガニとも呼ばれており、道東は根室や釧路でのみ漁獲される蟹であり、コクのある上品な味わいは海老に似ているとも言われます。

花咲蟹の肉は太いですが、他の蟹に優るとも劣らない柔らかさがあり、タラバガニよりやや小さいとはいえ、大型で身のたっぷり詰まった蟹です。

夏から秋の時期にかけて美味しくなると言われます。

幻の蟹と言われるほど希少度の高い蟹です。

グルメの王道といえば蟹。

主人も大の蟹好きでして、通販で蟹を取り寄せても、ほとんど全てを一人で食べてしまうくらいですから、よほどの「蟹通」です。

でも、主人一人が楽しむより、家族団らんで美味しい蟹に舌鼓を打ちたいものです。

そうなると、活蟹よりもポーションタイプの蟹がいいということになります。

活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、特に蟹鍋などをする場合には、さばいたり殻を剥いたりの手間がかからないので便利です。

殻があると子供に食べさせるのは大変ですが、ポーションタイプなら簡単に楽しめます。

大人も子供もハッピーですね。

丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

軍手が必要です。

着用したら腹の三角形部分に指を入れて取り除き、甲羅と半身の間の関節に切れ目を入れます。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、一息に半身を外します。

半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いてかに味噌だけにしておきます。

脚を外して食べやすくし、関節部分で切ります。

殻に切れこみを入れたり、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。

あとは実践あるのみです。

がんばってください。

家族のお祝いや年末年始、ちょっとしたパーティーなど通信販売でのかに購入には色々なきっかけがあると思います。

お取り寄せには適した品物ってあると思うんですよね。

ただ遠いからというだけでない理由で、かにはお取り寄せ最適品なんです。

小さいものはともかく、大きなかにはスーパーやデパートで買っても大きいし重いし少ししか買えませんよね。

お取り寄せならいくつでも気にせず買えますね。

何キロになったとしても制限はありませんし、宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで指定日、時間に正確に届けてくれます。

食べたい日が決まったら指定できるのはうれしいですね。

あとは玄関から冷蔵庫までの間だけ運べばいいのです。

手間がかからず楽チンですね。

新鮮なまま名産地から直送された最高の状態のかにを家にいながら心ゆくまで味わえるのもお取り寄せの最もいいところかもしれません。

蟹の魅力といえば、定番である脚の身はもちろんのこと、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。

蟹ミソを重視される方にオススメの蟹にも色々ありますが、一番はなんといっても毛ガニでしょう。

ねっとりととろけるような旨味で知られる毛ガニのミソなら、濃厚な旨味を心ゆくまで味わえるのです。

脚や腹部の肉をほぐし、蟹ミソと混ぜ合わせて食べるのも最高です。

お酒のアテにはもってこいの逸品です。

人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょうか。

一番のオススメは、ポーションと呼ばれる、むき身の脚がたくさん入っているタイプの商品です。

活蟹には活蟹にしかない美味しさがありますが、いかんせん、捌くのも殻をむくのも大変ですよね。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、ポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。

また、「ポーションもいいけど自分は蟹ミソも味わいたい!」という人は、通常よりも安価な「ワケアリ」の蟹を買えば、ちょっとお得に美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。