カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

毛蟹の選び方は比較的はっき

毛蟹の選び方は比較的はっきりしています。

何点か挙げてみます。

まず、獲れた時期です。

寒い時期に最も身の詰まった、大きな毛蟹が最もおいしい時期です。

次のポイントは、色艶はどうか、持ったときに手応えがあるか確かめてください。

通販では難しいですが、できるだけ新鮮そうな、重たいものを選びましょう。

持ったときの感じで、身の詰まり方などよくわかるでしょう。

最後に、口コミなど評価の高いお店で買えば、はずれは少ないと考えられます。

お取り寄せ市場はますます拡大の一途を辿り、かに通販も例外ではありませんが、買わなければ良かったと思うような品物をつかまされたりすることが増え、消費者センターなどに通報する人が出てきました。

その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、不味い、身が痩せているなどの不良品のかにを送られるリスクを避けて、安心してかにを楽しむには、通販の会社を見て判断する代わりに全国のユーザーの口コミやレビューで判断し、今回のお店を決めます。

気に入ればそこをお気に入りにしてもいいし、幾つかのお店を試すことで自分のベストのお店が見つかるかもしれません。

ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。

また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。

信販売で蟹を購入した経験をお持ちである方も多くいらっしゃると思います。

しかし、生鮮食品を通販で取り寄せるというスタイルに関しては、なんだか半信半疑な人もいるかもしれません。

少し前であれば、通販は店頭販売より一段劣るものといわれ、通販で良い蟹が買えるという話は皆さんの周りでもあまり聞かれなかったでしょう。

ですが、ネットが広まった今では、昔はなかなか買えなかった、産地直送の新鮮な蟹を当たり前に通販で買えるようになってきました。

日帰りで、かにの食べ放題を体験するツアーは本当においしいかにが食べられるのでしょうか。

おいしいかにを食べたい方、この手のツアーに申し込むのをためらっているなら、かにの産地で食事ができるかに食べ放題ツアーへの参加を強く推します。

上手くツアーを利用できれば、とれたてのかにを個人向けのパック旅行よりずっと安く食べられるのです。

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。

直接お店に行って買う場合は、自分が持ちきれないほどの量を買おうとしたことに気づき、食べきれる量しか買わないのが普通です。

残念ながら、通販では重さと大きさを実感できないので、ついつい気前よく注文してしまい、全部食べきるまで大変だったという話を皆さんも聞いたことがあるでしょう。

どんなおいしいかにでも、買って後悔しないようにしたいですね。

内陸部にお住まいの方は、新鮮な海の幸とは無縁と思うかもしれません。

しかし、蟹通販の助けを借りれば、各地から届けられた、獲れたての蟹を味わえます。

蟹通販ではどんな種類の蟹でもほぼお取り寄せできますが、中でも特にポピュラーなのがズワイ蟹です。

ズワイ蟹の魅力は、なんといっても蟹の身そのものの旨味を味わえること。

甘みをふんだんに含んだ、最も蟹らしい蟹といえます。

また、同じズワイ蟹でも、獲れた場所や旬の時期によってまた味わいが変わってきますので、山陰で獲れる松葉ガニ、越前で獲れる越前ガニなどブランド蟹を選ぶのがよいでしょう。

活かには下ごしらえしてから茹でましょう。

きれいに洗ったら、30分程度水につけます。

軍手を両手にはめたら、最初に腹の三角形部分を外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

半身は一気に外します。

甲羅と半身を持って、交互に半身を外すのです。

胴には黒っぽい部分が残っているので、それをきれいにして待望のかに味噌を出します。

脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、殻を薄くそぎ取っておくと、食べるときに楽です。

コツを飲み込めば、それほど力を入れずにさばけますよ。