カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

賢く使えば大変便利な蟹通販。しかし

賢く使えば大変便利な蟹通販。

しかし、もちろん欠点もあります。

それは、蟹をじかに見て選ぶことができない点であるといえます。

実際に店に行く場合は、じかに蟹の品質を確かめることができますし、買いたい蟹の身を味見させてくれる場合もあります。

蟹の品質だけでなく、茹でるときの塩加減などでも味が変わるので、好みに合う味付けの店を探すことも出来ます。

しかし、通販ではそれはできません。

つまり、通販が全てにおいて店舗販売に優っているわけではなく、実際の店舗に及ばない部分もあるので、よく考えて利用しましょう。

直販でかにを買おうとすれば、どこから買うかとなりますが、北海道が一番よく知られているでしょう。

まあ、当然といえば当然でしょう。

今のところ、毛蟹がとれるのは北海道以外にありません。

それ以外のかにの産地はどこでしょうか。

日本海沿岸でもよく知られた産地を思いつくのではないでしょうか。

まずは、ズワイガニ松葉ガニというブランドで語られるほど、鳥取産がおいしいことで知られています。

現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。

本記事でもそれがお得だと敢えて主張するのには本当にお得な理由があるからです。

以下ご説明します。

まず、普通のお店で蟹を買うとすると、ごく当たり前の蟹をごく当たり前の値段で買うだけなので、びっくりするほどお得になるという例はほとんどないでしょう。

一方、蟹通販の場合、足が取れているとか形が崩れているといった商品でも、訳ありの品として普通より安く売っていることがあるので、私などは味さえよければ形は気にしませんから、非常にお得だといえます。

ズワイガニのうち、特にメスのことをセコガニと呼びます。

地域によっては、セイコガニまたは香箱ガニと呼ばれることもあります。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。

反対に、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。

しかし、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、一般的には、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

通販でズワイガニを買ったことはありますか?ぜひ、訳あり商品のチェックをしてください。

訳あり商品は、加工用や自宅用だと考えてください。

市場に出すものより大きいか小さいか、中身に害のない傷がある品ばかりですから、風味に問題があるわけではありません。

それで激安価格なら、買わない手はないでしょう。

いつも出回っているわけではないようですが、見つけられれば訳あり商品をねらっていくのが通販の王道だというべきでしょう。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

とても有名なブランドがにの上海ガニとよく見ると似ている、同じ族のかになのです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

重量は全体で170〜180グラムが一般的といわれています。

なぜか、雄の方が雌より小さいことが多いのです。

日本全国でよく見られるかにで、どこでも食用として案外知られた存在です。

加工していない冷凍かにだとかなり大きいので、解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、おいしく冷凍かにを食べたいと思うなら急ぐのは禁物です。

かにをおいしく解凍するために忘れず行いたいのは室内の解凍は厳禁で冷蔵庫で解凍することです。

冷蔵庫ならば水っぽくならずに解凍できるので、ぜひ心がけてください。