カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹の食べ放題も増えてき

蟹の食べ放題も増えてきましたが、多くの人は食べ放題の蟹はマズいと思っているでしょう。

実は私もかつてはそうでした。

確かにそういうところもありますが、全てがそうではありません。

最近は「安かろう悪かろう」ではない食べ放題も増えてきているのです。

食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、品質、新鮮さともに申し分ない蟹をふんだんに振る舞ってくれます。

とはいえ、本当に極上の蟹を味わいたい方はブランドのお墨付きをもらった蟹を選ぶほうがいいでしょうね。

モズクガニをご存じですか。

意外にも、高級食材の上海ガニとは種は異なりますが、同じ族のかにです。

背中の細かいまだら模様は、ヒョウ柄にも見えます。

成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

重量は全体で170〜180グラムが一般的という小さなかにです。

それから、小さい個体は雄のことが多いです。

丸ごと使えるかにとして、日本では昔から地味に利用されてきました。

テレビでかにの水揚げを中継するころにはかにを食べたくなるのは必然です。

真冬にかに鍋にして食べれば、最高に幸せな味です。

かに鍋をよりおいしくしたいと思うなら、かには近くのお店で買うのではなく、市場まで足を運んで買ってくると鍋はさらにおいしくなるはずです。

通販をまめにチェックして、かにを買うのもおすすめの方法です。

カニカニ詐欺」と呼ばれる詐欺も横行しているのが蟹通販の難しいところです。

安心して購入したいなら、楽天市場を利用すること。

これに尽きると思います。

楽天市場は日本で最も信用できる通販サイトの一つです。

ここであれば、店舗とのやりとりなどに不満を感じることはほとんどないと言っても過言ではありません。

楽天市場を通じて蟹通販を利用すれば、それだけ安心感があるのです。

その他のサイトとは比べ物になりません。

なんといってもネット通販最大手の楽天ですから、商品を注文したのに届かなかったなどという事態はほとんど無いと思ってよいです。

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。

いろいろな中華がある中で上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、とりわけ揚子江の下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

常に市場で扱われており、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、極上の味として貴重な一品です。

通販でかにを買う方にはタラバガニは屈指の人気ですが、大事な点を一つお教えします。

アブラガニという安価なかには、タラバガニにそっくりです。

小さな写真では区別がつかないのです。

何の疑いもなくタラバガニを買ったところ、アブラガニばかりだったというトラブルも起きているので、値段もさることながら、確かな評判のお店から買ってくださいね。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

腹に入れた切れ目を中心に、足を甲羅から外します。

ここは結構力が要ります。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

これで解体は終了です。

さらに、脚は包丁や調理ばさみを使って関節で切り離し、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。