カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

待ちに待った蟹の

待ちに待った蟹のシーズン。

我が家も蟹好きばかりで、通販で簡単に美味しい蟹が買えるのはありがたいです。

しかし、初心者は気をつけるべき部分もあります。

蟹通販を利用する場合には、蟹の量が何キロになるのか、何杯分になるのかは確かめておくべきです。

詐欺まがいの量ごまかしをやってくる業者もいます。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

生鮮食品の解凍は難しいものです。

解凍の際には急がず、十分慎重に行うことが大事です。

よくある失敗は、解凍を急ぎすぎて肝心の旨みが抜けてしまうことです。

モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。

どちらかというとモクズガニの方が思い当たる人も多いかもしれません。

モクズガニは河川でみられるカニで、とりわけ鋏に生えている毛が特徴的です。

甲羅が掌より少し小さいサイズなのですが、にもかかわらず、長い脚を持っています。

専ら蟹のお味噌汁または炊き込みご飯として調理されます。

時々聞く失敗談ですが、通販でかにを買って、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。

通販がなかった時代のように、実際の店舗でしか買えなければいざお金を払うときに、自分がどれだけ大量に買おうとしているかわかり、食べきれる量しか買わないのが普通です。

しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、あり得ないほどの量を買ってしまって、届いてその量に青ざめたという人はかなりあり得る話なので、せっかくのおいしいかにです。

おいしく食べきれるよう考えましょう。

私にとって年末年始の特別な贅沢、それはかにです。

1年も押し詰まった頃の恒例となっているのが産地からの通販で購入して、たっぷり実の詰まったかにを食べ、今年1年の幸せを噛みしめます。

ただいつも困ってしまうのが扱う店の多さです。

毎年注文するときになるとどのお店も良く見えてきたりします。

かにといえば、鮮度が命の生鮮食品ですし、美味しくなかったとしても次と簡単に考えられるお値段でもありませんので、良心的なところでよい商品を購入できればいいですね。

そのためにはそのお店で買ったことのある人がどう評価しているかを知ることは大切なので、口コミの評価が高ければ高いほど、そのお店が安心して頼める良いお店だと判断できるわけです。

蟹の激安通販というものを聞くと、割と多くの人が興味を示すのではないでしょうか。

激安通販はその名の通り、びっくりするほど安く、大きな魅力があると感じます。

ですが、そうそう上手い話ばかりがあるものではありません。

常識的な範囲を超えるほど安い価格を掲げている場合、商品に重大な欠陥があるということがありえるので注意しましょう。

ちゃんとした業者なら口コミやレビューもしっかりしていますから、それを調べてから判断することをおすすめします。

蟹にも色々ありますが、渡り蟹という種類は聞いたことがありますか?ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

15センチから30センチほどにもなる大きな甲羅を持つ蟹で、身肉や蟹ミソに加え、秋から冬にかけてはメスの卵巣も美味として知られ、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

そのまま塩で茹でたり、蒸したりして食する方が多いようですが、蟹汁に使われたり、最近ではパスタのレシピにもよく登場します。

通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。

以前の評判では、かに通販だとどうも鮮度が、といわれるばかりでした。

今どき、そんなことをいう人はほとんどいません。

冷蔵や冷凍の宅配便網は全国に行き渡っていますから、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルで味も鮮度も充実しています。

様々な理由から、どの店舗でも常に期待通りのおいしいかにを買えるとは言えませんから、まずはお店を慎重に選んでください。

広告を非表示にする