読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

数ある中華料理の中で特に高級な料理として有名な上海

数ある中華料理の中で特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、中国で獲られる淡水域に生息する蟹のうち、特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

年間通して入手可能なのでどの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスでは、産卵前の10月付近、お腹に卵がたくさんある時期と11月辺り、上海蟹の雄の白子の食感は最高で、ねっとりしており、至高の味として多くの人に愛されています。

グルメの代表である蟹は、まず思いつくのは脚の身ですが、蟹ミソこそが蟹の醍醐味という人も多いでしょう。

濃厚な蟹みそが詰まった蟹にはズワイガニなどもありますが、一番はなんといっても毛ガニでしょう。

水揚げされたばかりの毛ガニのミソは、甘くねっとりしていて、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。

蟹ミソにほぐした身肉をからめて食べるのもまた美味しいです。

お酒のアテにはもってこいの逸品です。

かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので交通費の負担もなく買いたいだけ買えます。

しかも、大口注文すれば、お店では考えられないくらい激安になることを期待できます。

できる限りかにを安く買うことに挑戦してみたいならば、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込み一括購入するのがいいでしょう。

注意点として、注文の品が届いた後、しばらくはかにを全て預からなければならないので、十分なスペースはあるか、確かめてください。

そろそろ旬だし、蟹を買おうかなと思った時には選択方法が大事になってきます。

蟹と言っても種類により、様々な選び方があるのです。

蟹の中でも、ズワイ蟹を買う際にはお腹の方に注目してみてください。

ズワイ蟹を見比べて、腹側が白いものは選択から外してください。

そして、重要なのはアメ色をしたものをチョイスすることです。

あわせて、硬い甲羅をしている蟹も美味しいです。

かには高価で滅多に手の届かないもの。

そんな常識を打ち破り、それほど無理のない金額で量もそこそこ。

そんなお店があったらいいですよね。

たっぷり食べたくて我慢できない。

そんな時には通販で買えばいいというのが常識になりつつあるんですって。

これほどかにの通販をイチオシするのには訳があります。

家の近くのスーパーで売っている引取り手のない冷凍庫のかにの惨状を見るにつけ、通販なら特筆物の鮮度のかにが即日発送で送られ、直接買いに行くより便利なのです。

そしてギリギリの価格設定でスーパーなどより安く購入可能が多いと言うのですからますますびっくりですね。

かに専門店ならではの変り種のかにを安く出してくれることもあり、お得意様になってもいいかもしれません。

注文した覚えのない蟹が勝手に自宅

注文した覚えのない蟹が勝手に自宅に届くのが最近有名になってきた「蟹通販詐欺」、またの名をカニカニ詐欺です。

代引きで送られてくるのが基本ですが、家の誰かが注文したのかと思い、なしくずし的にお金を払ってしまうケースが多いようです。

詐欺なのだから突き返してもいいのですが、他の詐欺の手口と比べれば金額も圧倒的に少ないですし、蟹は実際目の前にあるので、まあいいやと諦めて諦めてしまうケースがまま見られます。

身に覚えのない代引きが届いときは、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。

蟹の食べ放題コースは多くありますが、多くの方は、そんなところの蟹は美味しくないというイメージや実体験をお持ちですよね。

しかし、そこには誤解があります。

食べ放題でも新鮮で美味しい蟹を食べられるコースが最近は増えてきています。

食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、プロも認めた高品質の蟹を心行くまで味わい尽くせるはずです。

とはいえ、本当に極上の蟹を味わいたい方はいわば安心が担保されているブランド蟹を選ぶことを推奨します。

グルメの代表である蟹は、新鮮でジューシーな脚の肉が絶品ですが、同じくらい美味しいのが蟹ミソです。

美味しい蟹ミソを味わえる蟹は何かと聞かれたら、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。

新鮮な毛ガニのみそは、とろけるような美味しさで有名で、あらゆる蟹の中でも絶品と言われる味を楽しめます。

蟹ミソだけでもおいしいですが、ほぐした脚肉とあえるとまた絶品です。

お酒のアテにはもってこいの逸品です。

蟹にも、獲れる地域や品種によって、様々なブランドがあります。

それぞれへの好き嫌いは、個人ごとに色々ありますから、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、種類の違い、それぞれの特徴を押さえておくことが必要だといえます。

中でも売れ筋の蟹といえば、まずタラバガニやズワイガニが挙げられるでしょう。

鉄則としては、サイズが大きく、そして新鮮な蟹を選ぶことを基本として覚えておきましょう。

今までにかに通販を利用した方、購入のチェックポイントとして、ボイル?活かに?でどうしようと頭を抱えた方もいらっしゃると耳にします。

今後、通販のかにで条件を検討するならば活かにが一押しです。

ほとんどの通販では、活かになら今は確実に新鮮でおいしいのです。

ご馳走の代表格である蟹。しかし、蟹

ご馳走の代表格である蟹。

しかし、蟹を美味しく頂くには、調理の仕方もおろそかにはできません。

多くの場合、茹でて食べるのが基本ですので、正しい蟹の茹で方を把握しておくことが重要だといえます。

では、そのコツとは何か。

それは、小さい鍋ではダメで、出来る限り大きめの鍋を用いることです。

たっぷりのお湯に蟹がまるまる浸かるようにするのです。

そのやり方なら蟹を茹でるのが初めてでも上手くいくでしょう。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

腹から「解体」するのが基本ですから、蟹のお腹が上になるようにしてください。

腹部にあるはかま(ふんどし)に指をかけ、これを剥がしていきます。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

蟹みそがこぼれやすいので、あらかじめかき出して甲羅を入れ物にしておきましょう。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

ズガニと呼ばれている蟹がいます。

この蟹の正式名称はモクズガニです。

どちらかというとモクズガニの方が聞いたことがある人は少なくないでしょう。

この蟹は河川で生息しており、鋏の毛が特色として挙げられます。

甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、実は比較的脚が長いことが特徴として挙げられます。

殆どが蟹のお味噌汁、あるいは炊き込みご飯として好まれています。

松葉ガニのメスをセコガニといいます。

一般的な松葉ガニと比較して小さめサイズが多いのですが卵を抱えたかにで味も濃厚と言われており、松葉ガニにはない味を求める方も熱く語っています。

とても出回る期間が短く、一年の内で11月から1月の間でしか水揚げされないので、幻のかにといわれる所以です。

かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが味噌でかにを決める方もたくさんいます。

味噌のおいしさを堪能したいなら、毛蟹と言う方がほとんどです。

こってりした濃い味の味噌こそ寒いときにはたまりません。

毛蟹のボリュームは結構という方には、一度ワタリガニの味噌に挑戦してください。

毛蟹よりは小ぶりですが、味わいは勝るとも劣りません。

蟹通販を使えば、お店や市場まで出向か

蟹通販を使えば、お店や市場まで出向かなくても、産地直送の新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。

ですが、通販で蟹を売っている業者のサイトは決して少なくはないので、どの業者がいいか、なかなか初めての人には判りづらいですよね。

楽天市場などのECサイトで人気ランキングを見てみると、人気の業者がわかります。

上位にランクインしている業者の多くの人が買っている商品を選べば、まずハズレを引くことはありません。

蟹が大好きなのですが、店頭で買うのは大変なのでネットの蟹通販は大変ありがたい存在なのですが、初心者は気をつけるべき部分もあります。

通販では色々と確認が大事ですが、中でも量の確認は大事です。

ちゃんと確認しておかないと、量のごまかしもまた、「カニカニ詐欺」のひとつの手口なのです。

また、初めての人は蟹の解凍でも失敗しやすいです。

生鮮食品の解凍は難しいものです。

解凍の際には急がず、ゆっくり行うのが鉄則ですね。

蟹のうまみは急いで解答すると損なわれてしまうので気をつけましょう。

調理前の冷凍かには丸ごとのことが多く、解凍に手をかけられないこともあるでしょうが、かにをおいしく調理するためには急ぐのは禁物です。

かにを上手に解凍するコツとして心得ておくべきなのは、部屋の中で解凍するのを避け冷蔵庫で時間をかけて解凍することです。

これをきちんと守れば差は歴然なので、だまされたと思ってやってみてください。

あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?実際ズワイガニを買っている方の多くは、まあ、大きければいいという感じで買っているのではないでしょうか。

しかし、大きさよりももっと調べてほしい点もあると知れば、失敗はしません。

持ってみて重みは感じられますか?見た目が立派でも、中身のないかにだったという悲劇は後を絶ちません。

重みは中身の充実度を示しているのです。

かさばるかにも、通販ならお店から持ち帰る大変さはないので大量に買っても大丈夫です。

まとめ買いのサービスを利用すれば、びっくりするほど安く買えることもあるようです。

それを考えると、限界価格で買うことをねらっている場合は、がんばって同じ思惑の人を誘い、通販の注文をまとめて一括購入するという大技を狙ってください。

断っておきますが、注文した方のところには、しばらくの間全てのかにはお宅にあるわけで、そのための冷蔵庫か冷凍庫の用意をしておいてください。

蟹は高価なため、なかなか食べられな

蟹は高価なため、なかなか食べられないと思います。

そんな蟹を安く入手するには、どのようなやり方があると皆さんお考えでしょうか?大抵の方々が「そりゃスーパーに売ってある蟹が一番安いに決まってる」とおっしゃるかもしれません。

ところが、それ以上に安値で蟹が取り扱われている場合があります。

どうするのか。

これから紹介します!通販で蟹を買う方法です。

この場合、訳あり商品が取り扱われているので、一番安く買うことができる方法です。

こちらの方法なら、たとえ見た目は劣っていても、安く蟹を買うことができます。

先日どうしても食べたくなってかにを通販で頼みました。

他の海産物なら、自分の目で見て買った方がいいと思いますが、かにだけはお取り寄せすることに決めています。

その理由は、小さいものはともかく、大きなかにはスーパーやデパートで買っても大きいし重いし少ししか買えませんよね。

お取り寄せならいくつでも気にせず買えますね。

何人分でも大丈夫です。

何キロでも好きなだけ買うことができますし、最近の宅配便はきちんとしているので、自宅の玄関までは丁寧に持ってきてくれます。

冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいになってしまうので、できるだけ食べる日に近い日に届けてもらうようにしたいですね。

お店から家まで運ぶのに比べたら楽なものですね。

後は冷蔵庫に入れるだけです。

でも、真のメリットはその品質だと思います。

その品質を少しも落とすことなく送られた最高のかにを家にいながら心ゆくまで味わえるのもかにをお取り寄せする一番のメリットと言えます。

蟹通販にもデメリットがあります。

それは何かというと、手元に届くまで商品を見ることができない点であるといえます。

店頭販売なら、身が詰まっていることも確認でき、店頭で味見ができる場合もよくあります。

それに、蟹を茹でる際の塩加減などは人によって好みが分かれますから、自分にとって「アタリ」のお店を探せばより美味しい蟹を楽しめます。

蟹通販は確かに手軽で安価ですが、一方ではこのような欠点もあるので、一概に実店舗より良いとは言えません。

蟹通販を利用する際には口コミを参考にしたいですが、蟹通販に関する口コミは溢れ返っており、困惑します。

楽天市場やアマゾンなど、多くの人が集まるサイトに寄せられているような大量のレビュー以外にも、数えきれないほどのWEBサイトが蟹通販のレビューを扱っています。

こうなると、どの情報を参考にしていいかわかりません。

重要なのは、これらの情報に惑わされないことです。

口コミにはいい加減な内容やヤラセも多いです。

口コミばかりではなく、取引実績のちゃんとしている業者を選ぶことです。

そうすれば個人の主観に左右されない判断ができるでしょう。

かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。

怪しい輸入品などでなく、名産地水揚げの確かなかにを小売業者や問屋などを介さず注文したいですね。

通販のかには種類が多く何をポイントに選べばいいのかわかりませんが、考えなければいけない要点は次のようなものです。

初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。

日本全国には、かにで有名なところが色々ありますが、地元で獲れたかにが買えるのが一番ですよね。

2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。

鮮度が断然違ってきます。

最終的には、インターネットを活用して口コミを始めとする参考になりそうなサイトを一回りすれば、よいお店にめぐり合える確率は高いはずです。

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか

皆さんは中華料理と言えば何を思い浮かべますか。

いろいろな中華がある中で特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、元々上海蟹というのは、淡水蟹のうち、中国でも揚子江下流域で見られ、これを指して上海蟹というのです。

季節を問わず手に入り、どんな季節に行ったとしても楽しめますが、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵を含むためです。

そして、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、最高においしい一品として重宝されています。

国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。

実は種類によって違うようで、タラバガニなら顕著な味の差はないという説が有力です。

その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うという声を実に良く聞きます。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、ブランドの違いは味の違いで、日本国内でも顕著に味が違うなら、外国産はもっと味が異なると言えるでしょう。

蟹の食べ放題コースは多くありますが、多くの方は、そんなところの蟹は美味しくないと感じているのが実情かもしれませんね。

しかし、食べ放題の良し悪しもピンキリです。

食べ放題でも、本当に美味しい蟹をお得に味わえることもあるのです。

蟹専門の料理店や、北海道など蟹の名産地での食べ放題でなら、蟹の中でも特にグレードの高い蟹に舌鼓を打つことができます。

しかし、個人の考えによりますが、極上の蟹を求める人は食べ放題のお得さよりも、高くてもブランド蟹を取り寄せるのが結局は無難な選択でしょうね。

蟹のシーズンは冬というイメージがありますが、蟹って特定の時期にしか獲れないことになっています。

それはなぜかというと、解禁日というものがあるからです。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、それから翌年春頃までの期間しか蟹漁はできないというルールが厳格に定められています。

旬の蟹をタイムリーに味わおうと思えば、解禁日の情報に目を光らせておくことをオススメいたします。

カタログ、テレビ、ネットを合わせ、かに通販はすばらしいの一言に尽きます。

かに通販に初めて挑戦する方は実際に見ないで選ぶのは難しく、結局選べずに終わるのではないでしょうか。

なかなか決められない方には、ネットなどの通販人気ランキングも定評のあるサイトがたくさんあります。

誰が見ても味、価格が優るかには多くの人気ランキングで、確実に上位にあると断言できます。

蟹通販をお得に利用したいとお

蟹通販をお得に利用したいとお考えの皆様へ。

蟹通販で気にすべき点は、まず大事なのは蟹の値段や量、何より新鮮さを確認すること。

さらに、多くの方が軽視しがちですが、送料も重要です。

意外と見落として損をすることが多いのです。

蟹通販は生鮮食品を送ってくる都合上、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、十分気を付けて見なければなりません。

私の場合、送料無料の業者をいつも使っています。

しかし、一般的には送料無料であっても、沖縄県などの離島にお住まいの場合、別途送料が掛かることがあるのです。

「さあ蟹を調理しよう」という時には蟹の保存状態に合わせた注意点があります。

中でも特別気を付けた方がいいことは、凍らせてある蟹の解凍の仕方です。

多くの人々は解凍を早めたいと、水の中で蟹を溶かそうとして浸します。

もしそのようにしてしまうと、蟹の良さである旨味が消えてしまうため多少時間はかかりますが、ゆっくり冷蔵庫の中で解凍しましょう。

人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょうか。

一番のオススメは、ポーションタイプ(小分けに冷凍された食品という意味です)の商品です。

新鮮で美味しいのはもちろん活蟹ですが、あの殻を剥くのが面倒で蟹を敬遠する人も多いですよね。

どうすれば蟹を手軽に味わえるのかは永遠のテーマでしたが、その点ではあらかじめ解体され殻も剥かれているポーションタイプの蟹を鍋にするのが私のイチオシです!また、「ポーションもいいけど自分は蟹ミソも味わいたい!」という人は、せっかくですから訳あり蟹を買ってみましょう。

普通よりずっと安く美味しい蟹に舌鼓を打つことができますよ。

お歳暮など、贈り物のかにを選ぶならばここだけの話、注意してほしいことがあります。

それはただ一つ、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、自分で選んだかにを贈ることです。

多くの人はそうだったかもしれませんが、お店の人の見る目を安易に信じてしまうと、見た目は変わらなくても、どこかに問題のあるかにを買うことになるかもしれません。

お歳暮のかにには特に念を入れて、十分信頼できるお店を選んでください。

実際に蟹通販を利用する場合、活蟹やボイル済のポーションなど、どの種類を選べばいいか悩んでしまう人もいるでしょう。

どちらがいいかは、考えている食べ方によって変わります。

代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、殻剥きの手間などがない、ボイル済のポーションタイプが最適といえます。

蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、鮮度第一の活き蟹か、生のまま冷凍したものを買うといいと思います。

蟹の味わい方によって適した商品も変わってくるので、それを意識すれば、蟹通販の便利さがさらに引き立ちますね。