カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

メスのズワイガニは別名セコガニです。地方

メスのズワイガニは別名セコガニです。

地方により様々で、セイコガニあるいは香箱ガニといった名を使われる場合もあるのです。

オスの場合は、カニ味噌部分も好まれますが、大方は脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにして頂くことが世間一般では多いです。

それに比べて、セコガニはコンパクトなため、脚の身はあまりありません。

しかし、味噌と内子、外子のバランスがとれているため、わりと、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

ネット通販が全盛の現代では、蟹通販を利用すれば産地直送の新鮮な蟹を自宅にお取り寄せできます。

でも、ここ最近は蟹通販をしているお店・業者も増えてきましたから、ちゃんと見比べて選ぶ必要があります。

まずは人気ランキングを参考にしてみましょう。

そうすれば、どんな業者が人気なのか、容易に把握できます。

この序列付けで上位に挙がってくるところの、多くの人が買っている商品を選べば、美味しく新鮮な蟹を、より安価に楽しむことができます。

お歳暮でかにを贈るのも良いですよね。

そのかにを買う際には詰めを甘くしてはいけません。

何が大事かというと、おいしそうなかにが揃っているなら特に、お店の人に選んでもらうのを避けることです。

どれを選んで良いかわからないからでしょうが、向こうがプロだからと安易に任せてしまうと、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。

お歳暮のかにには特に念を入れて、お店が信頼できるところか、もう一度考えてください。

蟹通販では、活蟹や冷凍タイプなど様々な商品を扱っていますが、今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、生の蟹よりも冷凍の蟹です。

水揚げ後すぐに茹でて冷凍されたものを選びましょう。

冷凍に比べ、活きたままの蟹は、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。

蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、一般家庭では大変なので、そういった下処理が終わっている状態の商品を購入するのが賢明だということになります。

他の水産物でも同様ですが、蟹も実は水揚げできる時期が限られています。

省令によって解禁日が決められています。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、品種によりますが9月や11月など秋頃に解禁日が設定されており、漁をその期間のみに抑えることが定められています。

毎年の蟹シーズンに一番乗りするためには、漁解禁の情報をニュースやネットで知っておくことが大事だと覚えておきましょう。

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、主に内湾を抱える地域、例えば瀬戸内海や有明海、大阪湾、伊勢湾といった浅海に生息します。

近年、国産品は貴重になってきています。

最高級品は甲幅30センチにも達する、かなり大型の蟹であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが最も普通の食べ方のようですが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。

通販のカタログやサイトで、かにのポーションを扱っていることも目立つのに気づいていますか?これは、殻をむいて中身を集めたとして販売されています。

缶詰にもある、むき身のかにのことです。

色々な料理に使いやすいのは嬉しい話ですし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので丸ごとの訳あり品よりも、さらに安いといううま味もあるのです。

様々な中華料理のうちでも上海蟹をご存知でしょうか。

この蟹は、高級料理として認識されていますが、元来、上海蟹という名称で呼ばれるのは、淡水蟹のうち、中国でも特に揚子江下流地域で水揚げされる蟹のことを上海蟹と呼んでいるのです。

年間通して入手可能なのでいつでも食べられるのですが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、11月の時期の上海蟹のオスの白子はねっとりとして舌触りが最高の時期で、最高においしい一品として重宝されています。

蟹は嫌いじゃないけど、殻を剥くのがちょっと面倒。

そんなあなたへのお勧めは、あらかじめ殻が剥いてある「ポーションタイプ」という商品です。

「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、身をさばいたり、殻を剥いたりしなければならず、手軽さはありません。

蟹を食べる際の、殻むきなどの面倒臭さから解放されるためには、ポーションタイプの蟹を通販で取り寄せ、蟹鍋と洒落込むのが私のイチオシです!また、「ポーションもいいけど自分は蟹ミソも味わいたい!」という人は、身の崩れた蟹などを安く売っている「訳あり蟹」を選べば、お得に蟹の魅力を味わい尽くすことができます!丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

殻で手を切らないよう、軍手をはめてください。

腹の三角形部分に指を入れて外し、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

甲羅から半身を外していきます。

双方をしっかり押さえ、半身、また半身と外していきます。

半身を外すと黒い部分が残るので、きれいに取り除いてかに味噌だけにしておきます。

脚をばらばらにし、大きければ関節で切って、縦に切れ目を入れるか、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

大手ショッピングサイトでも、かに通販は特集になるくらい

大手ショッピングサイトでも、かに通販は特集になるくらいびっくりするほどたくさんあります。

どんな商品でもそうですが、いい通販ショップの選び方がわからない人も多いのもうなずけます。

かに通販のビギナーです、といった方、テレビ通販はいかがでしょうか。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかにはテレビ通販業者の厳しい目をくぐってきているので失敗のない品だと考えてください。

かに特集をうまく見つけられれば、最良の購入方法です。

テレビ通販会社のホームページから買えるところもあります。

かにを茹でるときも、ちょっとしたコツがあります。

ゆで汁に塩を入れるのが第一のコツです。

海水より濃くないくらいで、1%を超えない濃度くらいの塩分で十分です。

もしも鍋に入りきらないくらい大きなかにだったら、食べるときは別々だと割り切って、甲羅と脚に分けて全てお湯に浸るように注意しましょう。

関節などに汚れがついているので、軽く洗っておくときれいな状態で食卓に乗せられます。

注文した覚えのない蟹が勝手に自宅に届くのが蟹通販詐欺と呼ばれる手法です。

自分は覚えがないが、家族が頼んだのかと思い、代引きでも支払いに応じてしまう人が少なくないようです。

本来なら支払いを拒むべきなのですが、ベラボウな金額を請求されているわけでもなく、一度商品が届いてしまったものは仕方ないかと思って諦めてしまうケースがまま見られます。

皆さんも、いきなり蟹が届いたりしたら、うかつに支払いに応じないようにしたいものですね。

蟹通販は便利だとよく言われますが、その一番の利点だと多くの方が口を揃えるのは、各地の漁場で水揚げされた新鮮な蟹をいつでも購入できるということです。

一方、普通のスーパーで蟹を買う場合、いくつもの工程を経て店に出ていますから、完全に新鮮なままとはいきません。

こういう理由がありますから、美味しい蟹をお求めの方はどんなお店で買うより、通販で直接頼むのが最も賢い方法なのです。

安さが特色のかに通販もありますが、利用には注意が必要です。

返品もできない生鮮品ですから品質が保証されたものばかりと考えない方がいいですね。

この業者から買って大丈夫かどうかが通販上手になるためのはじめの一歩です。

初めてのかに通販ならば全く暗中模索になってしまいますが、ネットの比較サイトを上手く活用して決めるまでに十分時間と手間をかけてください。

意外な手段で美味しい蟹が食べられると知っ

意外な手段で美味しい蟹が食べられると知っていますか? 気になる方は、店頭販売よりも蟹通販がお勧めです。

私も蟹通販はよく利用しています。

蟹通販では、蟹の名産地から直接、自宅に取り寄せることが可能です。

食通も唸る産地直送の蟹を家族で楽しむことができる。

それが、蟹通販の醍醐味です。

本当にオススメですよ。

それだけではありません。

ワケアリの蟹を購入すれば、味では正規品と遜色ない蟹を、大幅に安く買えるのです。

外れのないおいしいかにを食べたいと思うなら、いわゆるブランド品のかにをあたってみるそれで失敗はないでしょう。

ブランドがにの目印として、ブランドのタグやシールをチェックできるでしょう。

それは、特定地域の漁港で水揚げされたかにの明確な表示です。

おいしさに自信があるのは当然で、だからこそ他のかにと一緒にされないためそのブランドを作り上げたのです。

おいしいかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、安いからといって買いすぎてしまい、始末に困ったというのです。

産地に行ったり、鮮魚店に行ったりして買ったなら、買いつけのときは夢中でも、会計の時に現実を知って、こんなに買って帰れないということに気づくでしょう。

しかし、通販の写真ではかにの大きさをリアルに捉えられず、ついつい気前よく注文してしまい、全部食べきるまで大変だったという話を噂で時々聞きますので、注文前に大きさや頭数をよく確認してください。

近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが多いのが不思議ですね。

殻から出した中身の、細かくほぐす前と考えてください。

むき身のかにだといえます。

殻を取り除く面倒がないおいしさもありますし、殻が割れたり、傷がついたりという訳あり品を加工することが多く、加工してあるのに比較的安いといった隠れた利点もあるのです。

一度は利用してみたいのが蟹通販。

業者を選ぶときには、誰だって一番良い業者を選びたいに決まっていますが、損をしないために気をつけるべき点をご説明します。

本当に信用できる業者であれば、目利きの専門家と呼べる存在がおり、蟹の産地まではるばる、買い付けに行き、品質や新鮮さなど、厳しい条件をクリアした蟹を買い付けてくるので、安心安全です。

本当にお客さんのことを考え、品質第一をポリシーにしている業者を選ぶのがポイントです。

通販業者もピンキリなので、慎重に選びましょうね。

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい季節です。

旬の蟹を食べ尽くすため、国内随一の蟹の名産地である北海道を訪れるのが、今の季節で一番楽しみにしていることなのです。

私が毎年必ず足を運ぶのは、古くからの知り合いの方が切り盛りしている、函館にある蟹専門店です。

他では味わえないような、新鮮さを活かした蟹料理の数々に存分に舌鼓を打つことができます。

今年もそのお店に行くのが楽しみです。

蟹通販を扱うWEB上の業者は年々その数を増しており、活蟹や冷凍のポーションタイプなど、様々な形で蟹を購入できます。

しかし、通販の欠点は実物を見て購入することができないことです。

購入の前に、サイトのレビューの内容を入念にチェックするとよいでしょう。

レビューを参考にする上でも注意点があります。

それは、サクラ、ヤラセによる高評価を見抜けるようになることです。

レビュー件数が少ないのに、その全てが似たような文章の高評価だという場合、一目見てそれはヤラセだと分かります。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

多くの方の話では、タラバガニだと国産も外国産もほとんど同じ味だと一般に知られています。

その一方で、ズワイガニは国産と外国産の味が明らかに違うという声を実に良く聞きます。

確かに、獲れた場所がズワイガニのブランド名になるくらいですから、そのブランドが味を表しているのです。

日本国内でも顕著に味が違うなら、外国産は味が違うというのも、もっともです。

テレビでかにの水揚げ風景が中継されるところといえば、北海道で決まりでしょう。

その理由ははっきりしていて、毛蟹の産地に限っていえば北海道以外にありません。

とはいえ、毛蟹を除いた種類で考えると他の種類が獲れることで知られた産地を思いつくのではないでしょうか。

有名なところでは、ズワイガニには松葉ガニというブランドがあるくらい鳥取産がおいしいことで知られています。

味の良い蟹を堪能したい、そんな時の手段として店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉に行き、現地で食べるという奥の手があります。

数ある温泉地の中でも、蟹が美味しくて有名なところがあります。

ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。

そうは言っても、温泉は季節を問わず入れますが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、きちんといい時期を狙って行きましょう。

「カニカニ詐欺」と呼ばれる詐欺も横行しているのが

カニカニ詐欺」と呼ばれる詐欺も横行しているのが蟹通販の難しいところです。

安心して購入したいなら、通販サイト最大手の楽天市場を利用するのが最良の選択肢です。

楽天市場を利用して購入すれば、ほとんどの方は通販独自のめんどくささなどを感じることはほとんどないと言っても過言ではありません。

世の中に通販サイトは多くありますが、中でも楽天はそれだけ信用できるといえます。

楽天の利点はトラブルが少ないことです。

楽天なら、他の通販ではありがちな商品不着などの可能性も皆無に近いといえます。

かにはどこでとれても味は同じ、と言われることがあります。

どうも種類によって話は異なるようです。

タラバガニの場合、産地による味の違いは認められないという方が多いのです。

ところが、ズワイガニになると話は別です。

味がかなり違うというのが常識になっています。

水揚げされた地の名を冠したズワイガニがあるくらいです。

そのブランドが味を表しているのです。

そのあたりを考慮すると、外国産は味が違うというのも、もっともです。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

何と、かの有名な上海ガニとかなり近い親戚に当たります。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、上海ガニより小ぶりで、甲幅8センチメートルくらいです。

多くは、成体で170から180グラムになるという小さなかにです。

そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。

丸ごと使えるかにとして、日本では昔からよく使われています。

ズガニという蟹を知っていますか。

この蟹の正式名称はモクズガニです。

どちらかというとモクズガニの方が分かる人もいるでしょう。

モクズガニ漁は河川で行われ、鋏の毛が特色として挙げられます。

また、甲羅が手のひらより一回りほど小ぶりではありますが、そうである割には比較的脚が長いことが特徴として挙げられます。

特にお味噌汁や炊き込みご飯として、たくさんの人に愛されています。

あなたはズワイガニを買うとき、何を基準に選んでいますか?ズワイガニというと、おそらくまあ、大きければいいという感じで選んでいるかと思われます。

それだけでは不十分です。

それよりも大事なことを強調したいのです。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという情けない事態になりかねません。

重みは中身の充実度を示しているのです。

おいしいかにを通販で買えるのは便利です

おいしいかにを通販で買えるのは便利ですが、注意点の一つとして、自宅で保管できない量を買ってしまうということです。

リアル店舗で買えば、買いつけのときは夢中でも、会計の時に現実を知って、こんなに買って帰れないということに気づくでしょう。

けれども通販では、どんな大きさの箱に何頭入っているかはわかりにくく、店舗より安いこともあって大量購入してしまい、冷蔵庫や冷凍庫に入りきれなかったという話は失敗談として耳にします。

食べきれる量の検討と保管場所の確保を、忘れないようにしましょう。

かに好きの私にとって四季を通じてかにが最高のご馳走ですが、特に冬場のご馳走のてっぺんに君臨するのがかにということに反対する人はいないに違いありません。

かにの出荷量1位を誇る地域から、取り寄せられればうれしいですね。

いざ買う段になると、かにを選ぶ自信がなくなるもので、実物を手に取れない通販の場合、特に難しいですよね。

そんな人にいいことを教えてあげましょう。

要点は次のようなものです。

初めに考慮に入れるべきは、当然のことながら産地です。

高品質のかには、有名な産地に行ってそこで食べるのが一番ですが、2つ目のポイントが、なるべく複数の業者を介さずに直接送ってもらうことです。

鮮度が断然違ってきます。

更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。

通販で買ったかにのおかげで、かなり危ない目に遭いました。

安くたくさん買っても、一度に食べてはいけません。

通販のセールで安い毛蟹が買えたので彼女と二人、全部を一気に食べていると、だんだん寒気を感じました。

気にせず食べるのを止めなかったので寒気は収まらず、震えだしてしまいました。

どんなにおいしいかにでもかにの食べ過ぎ、特にビールを飲みながら食べるのは危険です。

冷えを感じたら食べるのを止めましょう。

蟹通販は便利だとよく言われますが、その一番の利点だと多くの方が口を揃えるのは、なんといっても、北海道などの名産地から直送の蟹を手軽な手段で購入できるという部分ではないでしょうか。

ここで店頭販売の蟹のことを考えてみると、産地直送のアドバンテージと比較すると完全に新鮮なままとはいきません。

お店の方が良くないというのは意外な結論かもしれませんが、新鮮さを求めるなら店頭で購入するよりも、蟹通販を利用するのが最適の手段なのです。

どんな大きなかにでも、通販で買えば自宅に送ってもらえるので大函で買うことができます。

まとまった数を一度に買うことでお店では考えられないくらい激安になることを期待できます。

それを考えると、限界価格で買うことをねらっている場合は、近所のかにが好きなご家庭に声をかけ、自分が中心になって通販に申し込み激安を狙える量の注文をしてはいかがでしょうか。

注意点として、注文の品が届いた後、しばらくは自分でかにを保管して、それから分けることになるのでかなりスペースをとられることは覚悟してください。