カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

皆さんはどのかにを食べたいですか。一

皆さんはどのかにを食べたいですか。

一番に挙げるのはタラバガニではないでしょうか。

後は、毛蟹も有名ですね。

その名の通り、全身が硬い毛で覆われています。

身にしても、味噌にしても独特の香ばしさで、熱心なファンが数多くいます。

味ならばズワイガニを挙げる方も多くよく知られた種類です。

どのかにも独特のおいしさをもち、皆さん、だからこのかにがいい、と主張しています。

かには鮮度が命、という方は、通販でも鮮度を気にしています。

つい最近まで、通販でかにを買うと、新鮮なものはないといわれていました。

それは昔の話です。

加工保存や流通システムの発展はものすごく、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルで新鮮でおいしい品がそろっています。

様々な理由から、どの店舗でも常に良心的な買い物ができるとは限りませんので、くれぐれも評判のいいお店から買ってください。

プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次に、包丁を使い、蟹のお腹を真っ二つに割ります。

すると、やや力は要りますが、簡単に脚を胴体から取り外せます。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

ここまできたら、あとは脚の関節を包丁またはハサミで切り離して、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくのが上手な調理の仕方です。

国産と外国産のかに、食べ比べたことがありますか。

タラバガニで比較すると、どこでとれてもまあ同じ味という方が多いのです。

ただ、ズワイガニでは、味で産地がわかるというのが常識になっています。

国内でもズワイガニは産地の名がブランドになるわけで、獲れた地によって味が変わることが知られていて、国内でもそうですから、外国産は味が違うというのも、もっともです。

かにの脚肉を食べる方が圧倒的に多いのですが通の味は、何といっても味噌でしょう。

味噌のおいしさを堪能したいなら、もっぱら毛蟹に尽きるようです。

味噌は独特の香ばしさで、これぞかに、という固定ファンを生んでいます。

もっとコンパクトサイズのかに味噌で十分というなら、ワタリガニはいかかでしょうか。

脚はだいぶ細くなりますが、味噌の味なら負けません。

味わいは勝るとも劣りません。

通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集がび

通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集がびっくりするほどたくさんあります。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人が多いのもうなずけます。

質のいいかにを通販で買いたい、という方には、テレビ通販がぴったりです。

一年中あるわけではありませんが、テレビ通販のかには質の良い品を全国に紹介していることが多く届いてがっかり、ということはまずありません。

シーズン前から、かに特集の放映日時をチェックしておきましょう。

家での食事にかにが出てくるだけでなんだか華やぐという経験は誰でも味わったことでしょう。

そのかにが丸ごと一匹だったとすればどれほどみんな嬉しかったことか。

そんなかにを、近所のスーパーで手に入れようとしても一匹丸ごとのかにを売っていないところが多いでしょう。

思い切って、通販を利用してかにを買えば市場で買うのと同じくらい新鮮で、それより安いことが多く、みんなが納得、満足できるはずです。

蟹にも色々な種類があります。

それぞれに味が違い、個人によって好みもまちまちなので、蟹通販を利用して蟹を購入するときには、商品を選ぶ前に、蟹の種類ごとの特徴を知ることも肝要であると言えるでしょう。

色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、タラバガニ、ズワイガニなどです。

この二つは私もお勧めです。

どんな種類の蟹を買うとしても、選ぶ際にはサイズや新鮮さを基準にする人が多いようです。

通販でかにを買うというと、鮮度を気にする方が多いと思います。

かに通販といえば、ちょっと前までは市場で買うより鮮度が劣るというのが当たり前でした。

今の通販で買ったかにを見てください。

産地で加工した品をそのまま宅配できるようになって、通販のかにも市場で買うのと遜色ないくらい味も鮮度もすばらしいかにを買えるのが当たり前になっています。

ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。

どの業者でもおいしくて新鮮なかにを届けてくれるとは限りませんから、まずはお店を慎重に選んでください。

選ぶ蟹を間違えると残念なことに蟹の本当の良さを味わうことができません。

美味しいカニを味わうために、選択方法を心得ておくのがポイントです。

タラバ蟹はどうやって選んだらいいのでしょうか。

それは、重さを見ることが不可欠でこれがまず大事なポイントです。

その他にも、汚れのない甲羅ではなく、良いものは汚れていて、硬いです。

そういうものを選びましょう。

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、結構な頻度で、後悔する破目に陥ることも珍しくありませんでした。

その多くは、かにの大きさや傷、割れなどの見た目や身のつまり具合、味などの質に関するもの、次いで通販会社に関する問題ですが、不味い、身が痩せているなどの不良品のかにを送られるリスクを最小限で抑えるためにどうしたらいいのかを考えましょう。

インターネットを最大限に活用することです。

口コミやレビューを多角的に見て評判の良いところから探せばきっといいお店に出会えるはずです。

ツイッターやアメーバのようなソーシャルネットワークを駆使して探してみることで、また違った角度の見方ができ、世界が広がるかもしれませんね。

おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。

まず、雌より雄にしましょう。

雌は産卵に備え、栄養分を卵に送っています。

タラバガニを食べる目的とも言える脚の身に栄養が回っているオスで決まりでしょう。

それから、甲羅中央部にある突起の数を数えましょう。

正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、4つしかないのは、実はアブラガニなので、似ていますが別の種類です。

グルメの王道である蟹。

蟹を最も美味しく味わえるのは、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。

私の周りの蟹好きな人達も声を揃えます。

新鮮な蟹なら蟹しゃぶや刺身もいいですが、漁獲地のお店で出される場合など、きわめて新鮮でないと美味しくありません。

私が茹で蟹や鍋をお勧めする理由はそこにあります。

これなら、鮮度の劣る蟹であっても旨みが損なわれません。

塩ゆではシンプルな調理なので、そのままでは口に合わないかもしれませんが、醤油や土佐酢といった付けダレに手を加えれば、たちまち美味しくなります。

ズワイガニは、安いが味は今ひとつ、ともっぱらの評判ですがそれは思い込みかもしれません。

ズワイガニの当たりはなく味がよかったとは言えなければそれは気の毒です。

おいしい紅ズワイガニを食べたことがないのですから。

新鮮なら、紅ズワイガニは他と比べても誰もがおいしいと言います。

すぐに鮮度が落ちてしまうので誤解が生まれるのも仕方がありません。

種類にもよりますが、かなり大きい冷凍かにもあるので暖かい室内で解凍する方もいるようですが、かにをおいしく調理するためには解凍に手間ひまをかけるのが正解です。

おいしく冷凍かにを調理して食べるために第一にやるべきことは部屋の中で解凍するのを避け冷蔵庫で解凍することです。

冷蔵庫の温度が魚介類の解凍には最適なので、手を抜かず行ってください。

今年も蟹のシーズンがやってきま

今年も蟹のシーズンがやってきました。

蟹通販を利用すれば、いつでもお店で売っているのと変わらない蟹を注文できます。

あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。

しかし、現在では蟹通販を扱う業者も大変多く、サービスの質もピンからキリまでですから、気を付けて選ばないと「ハズレ」を引いてしまいます。

せっかく蟹を味わうなら新鮮なものがいいですよね。

そのためには、産地直送の業者を選びましょう。

そうすればハズレはありません。

とにかく慎重に選ぶことです。

業者の質により、品質や味のほうにも大きく違いが出るのです。

通販の生鮮食品はどれもそうですが、この種類、この産地のかにと決めてから、ボイルしてあるものか、それとも活かににするかフリーズした方も少なくないでしょう。

これからはこう思ってください。

通販でかにを条件設定するとき選べるなら、何といっても活かにです。

どんな調理をするとしても、その方が今は確実に新鮮でおいしいのです。

厳寒の季節に、暖房のきいた部屋で楽しむといったら、誰が何と言ったってかにの右に出るものはないでしょう。

日本でも指折りのかにの水揚げ量を誇る港から直にクール便で届けば安心ですね。

かにを通信販売で購入するのに当たって何を基準にすべきなのか悩む人も多いと思いますが、そんな人にいいことを教えてあげましょう。

これだけは気をつけたいポイントは以下のもので、それほど難しいものではありません。

1番目は当たり前といっては当たり前ですが、産地を措いては他にないでしょう。

産地によっては同じ種類のかにでも呼び名が違ったりしますが、名産地であれば、獲れたてのおいしいものが手に入ることは確かです。

次いで、かにが獲れた産地にあるお店で発送を行ってくれるところを探すことで、更に、ネットの業者比較サイトや口コミサイトなどの要素をプラスしてかに販売店を選べば、美味しいかにを手に入れたも同然ですね。

中華料理は数あれど、中でも特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、そもそも上海蟹とは、どういった蟹を言うのかと言うと淡水蟹のうち、中国でもとりわけ揚子江下流あたりで捕獲される蟹を上海蟹と言っているのです。

常に市場で扱われており、どの時期に行ったとしても食すことはできますが、メスはお腹にたくさんの卵を内包した状態にある10月ごろと、雄の上海蟹の場合は11月頃がよく、特にこの時期の白子の口当たりはねっとりとしていて最高の食感で、至高の味として多くの人に愛されています。

通販だと、お店で買うのと違って持ち帰る負担がないので大函で買うことができます。

まとめ買いのサービスを利用すれば、多くの通販で大変な値引をしてくれます。

ですから、底値でかにを買いたい方は、一緒に買いたい人をたくさん集めて

かに通販で激安を狙える量の注文をしてはいかがでしょうか。

注意点として、注文の品が届いた後、しばらくはかにを一時預かりしなくてはならないので、十分なスペースはあるか、確かめてください。

北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さ

北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、かに通販なるものがどんなものか試すためという口実でかにを頼んでみました。

届いたかにをすぐに食べてみたところ、思いのほか美味しいのに驚きました。

今まで全く知りませんでしたが、結構長い歴史があるらしく、私が生まれる前から産地から自宅へとかにを配送するところはたくさんあったといいます。

一昔前、冷凍してあっても生鮮食品扱いのかにの発送に関して信用できる根拠もあまりなかったので、高いお金を払って通販でかになんか買ったって産地に行って食べるものとの違いが大きく、その辺のスーパーで売っているものよりひどいと聞いて絶対に買うのはよそうと思ったものです。

ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。

味は私が保証します。

絶品の蟹を楽しみたい場合に、店頭あるいは通販で入手する方法のほか、温泉へ行ってしまうというやり方です。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。

ですから、蟹が獲れる場所に近い温泉地に行けば、いいシーズンであれば、蟹も美味しく食べられて、温泉も楽しめる、そんな体験ができるでしょう。

ただし、温泉であればシーズンは関係ありませんが、蟹は必ずしもいつでも食べられるとは限らないので、行く時期を選んでください。

通販サイトをのぞいてみると、かに通販の特集が私たちを誘っています。

通販で食品を買うのは難しく、どこから買えばいいのか迷う人があるでしょう。

おいしいかにを通販で買いたい、でも失敗したくない、という方、テレビでかに通販をご覧になったことはありますか。

かにだけではありませんが、テレビ通販の商品はテレビ通販業者の厳しい目をくぐってきているので届いてがっかり、ということはまずありません。

どんな人にも無難な通販です。

ズワイガニのメスはセコガニという名称で呼ばれることがあります。

地域によっては、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、普通よく行われる調理方法は、脚の身をゆでガニ、焼きガニ、鍋などにする方法です。

反対に、セコガニは小さいため、脚の身は少ししか食べられませんが、味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、大方は、これらの部位を茹でた珍味としての食べ方がポピュラーです。

色々な蟹を扱っている蟹通販だからこそ、国産と外国産、どっちの蟹を買うほうがいいのか、迷ってしまう人も多くいると聞きます。

でも実際のところ、同じ種類の蟹であれば、どこで獲れたものであっても味に大きな差はありません。

ただし、気をつけなければならないことがあり、それは業者の信頼性をよく見極めることです。

蟹のグレードを左右するのは業者の質です。

信用できるところの蟹なら、輸入品だから味が落ちるなどといったことはありません。

蟹通販は品揃えが豊富な分、活きた蟹とボイ

蟹通販は品揃えが豊富な分、活きた蟹とボイル済みの蟹、どちらを買ったものかとあれこれ迷ってしまう人もいると思いますが、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。

家族で蟹鍋を囲みたいといった場合、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。

蟹しゃぶの場合は蟹鍋とはまた異なり、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。

どのタイプがどんな調理法に最適か把握しておけば、商品数が多く安価だという蟹通販の利点を100%活かせます。

通販といっても様々な種類の蟹があります。

そんな中で、選んでおいてまずマチガイがないのは、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。

冷凍を勧められると、多くの方は意外に思うでしょう。

しかし、生の蟹はいかに新鮮とはいえ、素人には捌きづらいというデメリットも抱えています。

蟹を茹でるの自体、なかなか難しく、ご自宅ではやりづらいですから、あらかじめ茹でてある蟹を買ったほうがいいと私は思います。

より良いタラバガニの条件とは、選べるなら、オスの方がおいしいのです。

雌は、栄養を卵に費やして産卵するのでタラバガニならここ、とも言える脚の身に栄養が回っている雄の方が圧倒的においしいのです。

それから、甲羅中央部にある突起の数を数えましょう。

6個並んでいれば、タラバガニに間違いなく、4つしかないのは、実はアブラガニなので、似ていますが別の種類です。

渡り蟹という種類を聞いたことがあるでしょう。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾などに分布していますが、最近は国産に加えて中国などの輸入品も多く出回っています。

食用の蟹の中では特に大型であり、蟹肉や蟹ミソ、そして卵巣など、捨てるところのない美味の塊として知られており、食材としての目的で昔から多く漁獲され、日本各地に有名な漁場があります。

調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが古くから最も一般的とされましたが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。

これからの季節が美味しい蟹。

さて、蟹にも種類や呼び方が色々あります。

種類ごとに味や風味は大きく違っており、好みも人によって違うので、ネットの蟹通販を利用するにあたっては、蟹の種類や呼び名、その特性を知っておくことを忘れないようにしましょう。

色々な蟹がある中で、よく人気の品種と言われるものとしては、真っ先に出てくるのが、タラバガニ、そしてズワイガニです。

鉄則としては、サイズが大きく、そして新鮮な蟹を選ぶのが蟹通販で美味しい蟹を味わうための基本といえます。

おいしい蟹をいただくにはどの

おいしい蟹をいただくにはどのような方法があると思いますか?「店で買うか、通販で買うかどっちかしかないだろ」と思う方、他にも方法があるのです。

それは、温泉地へ出向くという方法があります。

蟹を美味しく食べられる、そんな温泉地に行けばいいのです。

温泉地の中でも蟹が多く獲れるところの周辺に出向いて行けば、行く時期によっては蟹、そして温泉、両方が贅沢に味わえると思います。

ただし、どんな時期に行っても温泉は堪能できるのですが、美味しい蟹は常に食べられるというというわけではないのできちんといい時期を狙って行きましょう。

ズワイガニのチェックポイントというと、どこでしょうか。

ほとんどの方は、ズワイガニなら大きくて、脚が長ければという判断で選んでいるかと思われます。

大きさもさることながら、もっと重要な点をここで知っておいてください。

持ってみて重みは感じられますか?見た目の割に、どうにも身が詰まっていないという話は他人事ではありません。

重みは中身の充実度を示しているのです。

今時のかに通販は、かにの種類、産地、量など他の通販食品同様の充実ぶりです。

かにの産地や業者に詳しくない方はどれにしようと迷うばかりで写真を見るだけで時間を費やしてしまうかもしれません。

そんなときの強い味方が、ネットなどの人気ランキングで、時間と手間の節約になります。

安心して買えるような、おいしくてお手頃価格のかにはさすがというべきか、どこでもランク上位にいるのが普通です。

現在では、蟹を買うのに専門の店まで出向く必要はありません。

蟹通販を利用してズワイガニやタラバガニなど、好きな種類の蟹を注文できます。

あとは自宅に届くのを待つだけで、お手軽に蟹を味わえます。

ですが、便利になった反面、蟹通販の業者も昔と比べて大幅に数が増えていますから、どこの業者を利用するかは気をつけて選ばなければなりません。

何より大事な「新鮮さ」を外さないためには、WEB通販に限った話ではありませんが、「産地直送」の業者を選ぶことが大事です。

良い業者を選ぶことができるかどうか。

それにより、味わいは大きく違うものになるのですから。

食べられるかにといっても、多くの種類がある中で、みんなに知られているのはタラバガニかと思います。

そして毛蟹を思い浮かべる方も多く、新鮮であるほど硬い毛が密集していて、身も味噌もたっぷりと詰まっていて、その味がこれぞかに、という方はたくさんいます。

味ならズワイガニが一番、といわれるくらい固定ファンがいます。

どのかにも、独自の味わいがあり、自分の好きなかにを持つ方も多いのです。