カニの贈り物

贈答品として人気のカニについて詳しく解説していきます

蟹好きな人って多いですよね。う

蟹好きな人って多いですよね。

うちの主人もそうで、蟹通販で買った蟹も家族を差し置いて一人でたいらげてしまうくらいです。

だけど、子供も大きくなってきましたし、できれば家族皆で美味しい蟹を楽しみたいものだと思います。

そうなると、活蟹よりもポーションタイプの蟹がいいということになります。

活蟹とは違い、既に身をさばいて殻も取り除いてあるため、「今夜は家族で蟹鍋を囲みたい!」というときでも面倒な手間がかからないので大変便利です。

殻が剥いてあることによって、小さい子供にも食べやすいので、気軽に蟹を楽しむことができるので、子持ちの家庭には特にお勧めです。

今の世の中、何とかして人を騙してお金を手に入れようと思う人があふれていて、そのアイデアは尽きることなく、今の新手はかにをえさに通販と称してお金を騙し取る、かに通販詐欺です。

オレオレ詐欺のように自分は大丈夫と思っていても、アンケートと言われるとつい警戒心を解き相手の術中にはまってしまいます。

対応を誤ると、言葉尻を取られ、かにを契約したことにされてしまい、何日かたって、目玉の飛び出そうな値段と思われる大ぶりのかにが届き、中に入っている請求書にあ然とします。

返品しようにもクーリングオフの対象外と断られ、泣く泣くお金を払うことになってしまいます。

それとは違うケースに、最高級のかにだとカタログに記載し、購買欲をそそる写真を載せながら、その実、平気で何ランクも下の品物を送ってきて知らん顔をしていたりします。

こうまでして人を騙したいのかと呆れ返ってしまいます。

こうなったら、あらゆることに注意をし、知らない人の誘いに乗らない、アンケートには絶対に答えないなど、不用意な接触を断つことがいいのかもしれません。

他のかにと同じく、通販でズワイガニをさがすならば、訳あり商品を買って損はありません。

なぜなら、訳ありと言っても味に変わりはないからです。

多くは市場に出す基準に合わない大きさや、傷があっても、十分食用になる品ですし、味は市場に出回っているものと同じです。

それなのに、値段はものすごく安いのです。

自分が訳ありの事情に納得できれば訳あり商品を候補にしていくのが通販の王道だというべきでしょう。

蟹をさばくのは難しいものです。

活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

蟹は腹の側からさばくので、まずは腹が上になるようにまな板に置きます。

「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

甲羅に傷が付かないように気を付けながら、包丁で腹を二つに割ります。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで、甲羅の内側のひだ状のエラや薄皮を取り除くのを忘れずに。

胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。

ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、身の肉を出しやすいよう、脚の表面に一直線の切れ目を入れておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

通販といっても様々な種類の蟹があります。

そんな中で、今まで蟹通販を利用したことがないという方にお勧めなのは、水揚げ後まもない時の鮮度を閉じ込めた「冷凍の蟹」です。

確かに活きた蟹はもちろん冷凍より鮮度がいいのですが、鮮度においては冷凍の蟹に優っていても、身をさばくのに技術が要り、ご自宅で食すのは難しいです。

茹で蟹はあれでいてなかなかコツが難しく、無用な失敗のもとですので、あらかじめ茹でてある蟹を購入するのが賢明だということになります。

誰だって安心して蟹通販を利用したいもの。そ

誰だって安心して蟹通販を利用したいもの。

それなら、楽天市場を利用すること。

これに尽きると思います。

楽天市場を利用して購入すれば、ほとんどの方は通販独自のめんどくささなどを感じる機会はほぼ無くなると断言できます。

楽天市場を通じて蟹通販を利用すれば、それだけ安心感があるのです。

その他のサイトとは比べ物になりません。

楽天を通じて買っておけば、最低限、商品を注文したのに届かなかったなどという事態はまず有り得ません。

毛蟹と言えばその濃厚な蟹味噌で人気のある蟹の一つですが、大きさに着目してみると、他の蟹と比べて小さいために、どうやって選ぶかが重要で、一歩間違うと身が隙間だらけの物のあり、おいしく食べられません。

ならば、美味い毛蟹の見分け方はどういう方法なのでしょう。

通販でなく、直接購入するときには、実際に手で持ってみて重さで判断ができますが、手で触れることのできない通販で選ぶときには、しっかりした品質基準で、実績を持つ販売者から購入すること、それがうまく手に入れるために必要なことです。

松葉ガニのメスの呼び名がセコガニです。

全てメスのかになので、サイズが小さいと思われていますがこの時期にしかない卵がぎっしり入っていて身も濃厚な味とされていて、松葉ガニよりも、通好みでファンが熱く語っています。

市場に出回るのは、ごく短い期間です。

わずかに11月から1月の間と漁の解禁期間が限られるのでその貴重さは際立っています。

モズクガニというといかにも安そうな名前ですが、世界でその名を知られた上海ガニの同族になるかにです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、甲幅8センチ程度と、食用がにの中でも小さい方です。

また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いといわれています。

雄より雌の方が大きいのも特長です。

食用がにとしては、昔から日本各地で地味に利用されてきました。

ガザミやイシガニをひとくくりにして、ワタリガニと言います。

一般に出回っているかにの中では脚が発達していなくて貧弱に見えますが代わりに、味噌はとてもおいしく味噌ならワタリガニ、というファンが多いのです。

あちこちでとれるかにで、お値段も手頃なのでもし、かに味噌を思い切り食べようと思えば一番おすすめのかにです。

一人で何匹も食べられる大きさで丸揚げや丸焼きも難しくありません。

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の

上海ガニは小型ですが、丸のまま蒸す、点心の具などで独特の味があるので、かにの中でも、世界にその名を知られています。

中国だけでなく、アジア各地のかなり広く分布しています。

雑食で、何でも食するので、外来種として持ち込まれた場合、生態系が変わってしまいます。

上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために生体の輸入などを厳重に制限している国もあるのです。

蟹の美味しい季節になりました。

脚の身が絶品という方も多いですが、同じくらい美味しいのが蟹ミソです。

蟹ミソの旨さを味わい尽くせる蟹というのも好みに応じて様々ですが、蟹の中でも毛ガニが一番のオススメです。

新鮮であればあるほど、蟹ミソも甘くねっとりしていて、蟹ミソ嫌いの人でも気に入ってしまうほどです。

通は、脚の身をほぐし、蟹ミソと混ぜ合わせて食べます。

お酒好きの人には一度試していただきたいです。

冬以外にもかにの旬があり、美味しいかにを探す人の強い味方となるかに通販には、たくさんのお店があり、かにの種類も専門店だけあって、季節ごとに多くの取り扱いがあります。

選んでもらいたくて虎視眈々と待ち構えているお店の数々を選ぶだけでも大変なのに、かにときたらますます無理です。

思わず頭を抱えてしまうこともあるかもしれませんね。

そもそも間違いのない選び出し方はと言うと何のことはない、キーワードは人気です。

お店も、種類も、共に人気を集めるものがさし当たってのいいものと信じることです。

基本はたったそれだけです。

かにに限らず美味しいものを手に入れるためのキモです。

分かりやすいランキングや比較サイトなどを参考にしてもいいと思います。

ただ鵜呑みにせずにあくまでも自分で判断しましょう。

何度かいろんなかにを楽しむうちには舌もそれなりに肥え、1位ばかりでなく、少し順位は下でも面白いお店が見つかるなど、それぞれにあったかにの楽しみ方ができるでしょう。

丸ごとの活かにが手に入ったら、まずはきれいに洗い、30分くらい真水につけます。

ここからは軍手着用です。

腹の三角形部分を外して、関節に切れ込みをいれてはずしやすくします。

甲羅と半身を分けます。

それぞれをしっかり持って、半身の一方を外し、さらにもう一方を外します。

外したところで現れた黒いものをきれいに除き、かに味噌だけにしておきます。

脚は茹でる前に一本ずつ外し、食べやすい長さにします。

さらに切れ目を入れ、殻を一部削いでおいたりすると、後で楽です。

まずは習うより慣れろ、数をこなしてください。

ウチの旦那は昔から蟹が大好きで、シーズンのたびに通販で蟹を注文しては、私や子供がほとんど食べない内に、一人で全部片付けてしまうのです。

だけど、子供も大きくなってきましたし、できれば家族皆で食べられるように今後はしたいなと思っています。

そんな我が家では、ポーションタイプの蟹が最近のブームです。

ポーションなら、あらかじめ殻が剥いてあり、蟹しゃぶや蟹鍋など、家族で囲む料理には特に、すぐに使えるので重宝しています。

殻があると子供に食べさせるのは大変ですが、ポーションタイプなら簡単に蟹を楽しむことができるので、子持ちの家庭には特にお勧めです。

活蟹をさばくのにはコツがいります。以

活蟹をさばくのにはコツがいります。

以下の点に気をつけてください。

甲羅側が下、お腹側が上になるように蟹を置きます。

そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、お腹の三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

お腹を割るのには包丁の手元の部分を使います。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

この手順のとき、胴についたひだ状のエラや薄膜を指で外しておくといいでしょう。

蟹の醍醐味である蟹みそは、甲羅の内側に入れておくといいです。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、包丁で表面に切れ目を入れて、身を取り出しやすくしておく。

これにて蟹の捌き方はおしまいです。

どうですか、意外と簡単でしょう。

一口に食用のかにといっても、たくさんの種類があります。

タラバガニは、どこの国でもよく食べられています。

次に、毛蟹もよく見かけるかにで、タラバガニと異なり、全身毛に覆われていて、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさがお好きな人にはたまりません。

味ならズワイガニが一番、といわれるくらいなくてはならない存在です。

とれる場所によっても味が違いますし、人それぞれ、好きなかにがあるのです。

国内で獲れたかにと外国で獲れたかに、どちらがおいしいと思いますか。

実は種類によって違うようで、タラバガニなら味はどこで獲れたものでも変わらないという方が多いのです。

ズワイガニは対照的です。

国産と外国産ははっきり味が異なるというのが常識になっています。

そもそも、ズワイガニは産地がブランド名になるくらい、他のブランドと違う味を持っており、このかには産地によって味が違うとすれば、外国産は全く別の味だと思うべきでしょう。

意外な手段で美味しい蟹が食べられると知っていますか? 気になる方は、店頭販売よりも蟹通販がお勧めです。

初めての方でも安心です。

蟹通販なら、お店まで出向かなくても、蟹の産地からお取り寄せする形で手軽に購入できます。

各地で獲れたばかりの新鮮な蟹をお取り寄せできるのが、他でもない蟹通販の長所です。

いかがですか? 蟹通販のメリットはまだあります。

蟹通販では訳あり品の蟹を売っており、店頭で買うよりずっと安く、美味しい蟹を味わうことができます。

カタログや、ネットの通販で同じブランドのかにであっても、あらかじめ茹でたものと、生との選択でどうしようと頭を抱えた方もありがちです。

いくつかのかに通販を見る限り、かにの購入で決める場面ではボイルではなく、活かににしてください。

ほとんどの通販では、活かになら新鮮さやおいしさで勝っています。

北海道に行った時、購入したこ

北海道に行った時、購入したことがあるお土産物屋さんから、広告のファックスが届き、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。

届いたかにをすぐに食べてみたところ、思いのほか美味しいのに驚きました。

インターネットどころかパソコンも普及していない結構な昔から、現在と同じように通販でかにを買えたとは驚きですが、当時は、生ものの発送という画期的な試みがいやだと抵抗を感じる人も多かったので、わざわざ好き好んで通販なんかで得体の知れないかにを買わされて、その挙げ句、品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。

ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。

味は私が保証します。

テレビショッピングなどの影響もあり、かにの通信販売の認知度が高まり、利用者も大幅に増加しているようですが、結構な頻度で、後悔する破目に陥る人も増え、問題になったこともあります。

大抵は、カタログなどと比べて劣っていることを挙げることが多いようです。

あとはそれほど多くないものの会社に対するものもあります。

業者の選定を誤り、安物買いの銭失いを避けて、安心してかにを楽しむには、インターネットを最大限に活用することです。

口コミやレビューを多角的に見て評判の良いところから今回のお店を決めます。

気に入ればそこをお気に入りにしてもいいし、幾つかのお店を試すことで自分のベストのお店が見つかるかもしれません。

ちょっと怖い気がして敬遠していたSNSも使いようによっては役立つ可能性があります。

意外な人から意外な情報を手に入れることもあるでしょうし、そうでなくても、他のことで何かの役に立つかもしれません。

タラバ蟹や毛蟹など、蟹の種類には色々ありますが、よく名前が知られているのはズワイガニですね。

旨味や甘みの詰まったその味わいは多くの食通が絶賛します。

ズワイガニの美味しさを知れば、それ以外の蟹には目もくれなくなると思います。

ズワイガニは、どこの漁場で水揚げされたかによって呼び方が変わってきますが、脚に付いているタグによってそれを確認することができます。

このタグというのは、ブランド蟹の品質保証のために付けられています。

皆さんも、ブランド蟹の購入を検討する際には、タグを確認するのをクセにしてください。

モズクガニは意外とメジャーなかにです。

とても有名なブランドがにの上海ガニと同族になるかにです。

ヒョウ柄のような背中の模様がトレードマークで、成長しても甲幅8cmほどで、丸のまま利用できるかにです。

また、重さは170グラムから180グラムの個体が多いとして出回っています。

そして、雌より雄の方が小さいというのが一般的です。

食用がにとしては、昔から日本各地で地味に利用されてきました。

蟹通販では実に様々な種類の蟹を買うことができます。

中でも確実に失敗しない種類といえば、冷凍の蟹、それも獲れたばかりの蟹をすぐに茹でて冷凍したものです。

冷凍に比べ、活きたままの蟹は、いかに新鮮とはいえ、そこそこ手慣れた人でなければ簡単にさばくことができません。

それに蟹を茹でるのは大きい鍋が必要だったりして、初めての方は失敗しやすいので、あらかじめ茹でた状態で冷凍した蟹を選ぶほうがいいのです。

ズワイガニの選び方は、何が大事でしょうか。ほとん

ズワイガニの選び方は、何が大事でしょうか。

ほとんどの方は、ズワイガニならまあ、大きければいいという感じで選んでいるかと思われます。

それだけでは不十分です。

それよりも大事な観点を知っておきましょう。

大きさが同じなら、重たいかにを選んでください。

どんなに大きくても、さっぱり身がないという痛い話を聞いたことがあるでしょう。

持って確かめられるなら、重みをチェックするのは当然です。

どんな人も好きなかにの調理法、ゆでがにのコツをお教えします。

これからは、塩を入れたお湯で茹でてください。

塩の入れすぎは逆効果です。

塩気をつけています、くらいがベストです。

大きいかにが手に入って、鍋からはみ出すようなら、もう、甲羅と脚は切り離してしまいましょう。

全部お湯に浸る大きさで茹でましょう。

そして、茹でる前に全体の汚れを落とすと衛生的ですね。

たまたま冷凍庫が空いたので、かにを買うことにしました。

かにに限っては自分で買ってくるのとは違い、相当なメリットのあるお取り寄せに決めています。

かにの重さって相当なもので、自分で買ってくるには限界があります。

大量買いができるのはお取り寄せならでは。

買い物に行くのと違い、重さを気にせず買えるのは気持ちいいですね。

宅配便の軽快なフットワークでどんな山奥でも玄関まで重さも大きさも厭わずにしっかりと届けてくれます。

あとは玄関から冷蔵庫までの間だけ運べばいいのです。

手間がかからず楽チンですね。

鮮度と最高の味わい、直送されることでいつでも手軽に手に入れることができるようになったかにを自室でくつろぎながら最高の状態で頂くという究極の贅沢がお取り寄せをすることで手に入れることが出来る最大のメリットと言えます。

月に1回でもこんな贅沢が出来たらきっと寿命も延びそうな気がします。

蟹を食べるのにお得ないい方法は、日帰りの蟹食べ放題ツアーという方法があります。

これがおすすめです!どういう理由でそう言えるかというと、もしこうして蟹を食べたとしたら、蟹を従来通り買って家で食べるというごく普通の方法の時よりも確かにお得に蟹を楽しむことができるからです。

それに加えて、蟹が美味しく食べられるところで行われることが多いツアーであるので価格や量のみならず満足のいく質であることと思います。

蟹通販を利用する上で気を付けるべきことを説明します。

それは何かというと、まずは蟹の価格、新鮮かどうか、どのくらいの量が届くのか、加えて、忘れてはならないのが送料です。

送料は入念に確認しておくべきです。

蟹通販を利用する場合、購入する内容によっては、梱包費などを含めて高額な送料を取られる場合も多いので、十分気を付けて見なければなりません。

もちろん、送料無料のところを選べるならそれに越したことはありません。

しかし、一般的には送料無料であっても、沖縄県などの離島にお住まいの場合、別途送料が掛かることがあるのです。

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しま

活きた蟹をさばく際の手順をご説明しましょう。

はじめに、まな板の上で蟹のお腹側を上に向けます。

そして、蟹の前掛け(ふんどし)を外します。

メリメリと音を立てて簡単にはがれます。

次いで、包丁の手元の部分を使い、お腹の真ん中に切れ込みを入れます。

続いて、腹の切れ目を中心に、足を甲羅から取り外します。

ここで忘れず、エラや薄皮を指で外しておいてください。

これらは食べられません。

蟹ミソはふんどしの裏などにも付いているので、まとめて甲羅に入れておきます。

最後は、食べるときのことを考え、包丁やハサミを使って脚を関節部分で切り離しておき、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるのが上手な調理の仕方です。

かに通販だと、新鮮なものが届くかどうか気になりますよね。

以前の評判では、かに通販だと新鮮な品はないというイメージが先行していました。

現在、その問題はほとんど克服されました。

加工保存や流通システムの発展はものすごく、市場で購入して、運んできた品と通販の品が全く同レベルでおいしくて鮮度もばっちりのかにを買えるようになりました。

ただし、かに通販にはトラブルもあるようです。

どの業者でも期待通りのおいしいかにを買えるとは言えませんから、まずはお店を慎重に選んでください。

信販売で蟹を購入した経験をお持ちである人も、ひょっとしたらいるかもしれません。

しかしながら、通販で売っている蟹のグレードは大丈夫なのかイマイチ信じきれない方もいるでしょう。

ほんの十年ほど前であれば、通信販売で本当に美味しい蟹が届いたという話はそう簡単には信じられませんでした。

ところが、ここ最近では昔はなかなか買えなかった、産地直送の新鮮な蟹を通信販売で扱う店舗が増えてきたのです。

近年では、かに通販のカタログやサイトをよく見ると、丸ごとのかにに加えてポーションが案外目立ちます。

ほぐしていないかにの身、ということですね。

むき身にしたかにをイメージしてください。

すぐに調理に使えるのは嬉しい話ですし、大きさではじかれた品や、殻が割れたものなどを使っているので丸ごとの訳あり品よりも、さらに安いといった隠れた利点もあるのです。

かには食用だけでも数え切れない種類があり、タラバガニは、どこの国でもよく食べられています。

それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。

新鮮であるほど硬い毛が密集していて、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさがたまらないという方は多いようです。

ズワイガニも多く出回っており、その味も固定ファンがいます。

とれる場所によっても味が違いますし、人それぞれ、好きなかにがあるのです。